Author: LOCAL GOOD YOKOHAMA

6月27日 データをわかりやすく可視化する「データビジュアライゼーション」勉強会 矢崎裕一さんプレゼン資料

6月27日 データをわかりやすく可視化する「データビジュアライゼーション」勉強会 矢崎裕一さんプレゼン資料

【6月27日 データをわかりやすく可視化する「データビジュアライゼーション」勉強会 矢崎裕一さんプレゼン資料】 htt...

日本経済新聞 神奈川県版2014.10.04

日本経済新聞 神奈川県版2014.10.04

日本経済新聞 神奈川県版2014.10.04にローカルグッドヨコハマについて掲載いただきました。

6月12日 LOCAL GOOD YOKOHAMA キックオフイベント~「わたしが横浜にできること」を考える 説明資料

6月12日 LOCAL GOOD YOKOHAMA キックオフイベント~「わたしが横浜にできること」を考える 説明資料

【6月12日 LOCAL GOOD YOKOHAMA キックオフイベント~「わたしが横浜にできること」を考える 説明資...

「多文化共生社会形成における地方自治体の役割 ―県/市レベルの移民政策と実践についての 日タイ対話」に基づいた政策提言【改訂版】

「多文化共生社会形成における地方自治体の役割 ―県/市レベルの移民政策と実践についての 日タイ対話」に基づいた政策提言【改訂版】

「多文化共生社会形成における地方自治体の役割 ―県/市レベルの移民政策と実践についての 日タイ対話」に基づいた政策提言...

地域における「温かいお金」の循環のあり方を考える〜「100%OPEN」を掲げるバルセロナ発クラウドファンディング「GOTEO」の運営者を囲むギャザリング

地域における「温かいお金」の循環のあり方を考える〜「100%OPEN」を掲げるバルセロナ発クラウドファンディング「GOTEO」の運営者を囲むギャザリング

クラウドファンディングサイトが国内でいくつも立ち上がり、資金獲得のためにクラウドファンディングに挑戦する人も身の回りに...

0605横浜会議フライヤー

0605横浜会議フライヤー

超高齢・少子化が急速に進む中で「男女共同参画社会」をどのように実現していくべきか?を多様なステークホルダーの対話によっ...

地域課題解決ダイアログVol.1資料

地域課題解決ダイアログVol.1資料

【超高齢化・人口減少社会に臨む横浜の課題】 政策局 政策課 政策支援センター 関口昌幸 2014年1月28日にさくらW...


ユーザーガイド プロジェクト支援方法

ユーザーガイド プロジェクト支援方法

LOCAL GOOD YOKOHAMAクラウドファンディング ユーザーガイド_プロジェクト支援方法_


6月27日 データをわかりやすく可視化する「データビジュアライゼーション」勉強会 小林巌生さんプレゼン資料

6月27日 データをわかりやすく可視化する「データビジュアライゼーション」勉強会 小林巌生さんプレゼン資料

【6月27日 データをわかりやすく可視化する「データビジュアライゼーション」勉強会 小林巌生さんプレゼン資料】 htt...


Nhk news web 2014.10.25

Nhk news web 2014.10.25

10月25日のNHKにてプロジェクトローンチイベントの様子が放映されました。NHK NEWS WEB 2014.10....


6月12日  LOCAL GOOD YOKOHAMA キックオフイベント~「わたしが横浜にできること」を考える LOCAL GOOD YOKOHAMA説明資料

6月12日  LOCAL GOOD YOKOHAMA キックオフイベント~「わたしが横浜にできること」を考える LOCAL GOOD YOKOHAMA説明資料

【6月12日  LOCAL GOOD YOKOHAMA キックオフイベント~「わたしが横浜にできること」を考える LO...


Local good yokohamaロジックモデルインタビュアー講座フライヤー

Local good yokohamaロジックモデルインタビュアー講座フライヤー

【2月3日開始 ロジックモデルインタビュアー講座受講生募集中!】 「ロジックモデル」という言葉を知っていますか?...


【LOCALGOODYOKOHAMA×横浜市大教員地域貢献活動支援事業ロジックモデルワークショップ】第1回 PDCA&ロジックモデルについて学ぼう

【LOCALGOODYOKOHAMA×横浜市大教員地域貢献活動支援事業ロジックモデルワークショップ】第1回 PDCA&ロジックモデルについて学ぼう

「ロジックモデル」という言葉を知っていますか? ロジックモデルとは、ある団体のミッションを実現するために、団体が今も...