CMIS 輪読会 #3 @mryoshio
2
特徴( 1/3 )リポジトリで強制される管理可能なオブジェクトrepository-specific 文字列で表現される。 サポートされる policy が定められている訳ではない。 サポートされない場合,  get...
特徴( 2/3 )オブジェクトに対する適用 / 解除が可能 1 つのオブジェクトへ複数 policy を適用できる 複数のオブジェクトへ 1 つの policy を適用できる。適用した場合, コントロール可能なオブジェクトか否か...
特徴( 3/3 )policy が更新された場合, 適用済みオブジェクトへも影響する。オブジェクトが削除された場合, 当該オブジェクトへ適用済みの policy がオブジェクト から削除される。メソッド CRUD 操作に加え,次の...
Attribute Valuesほとんど repository-specificそれ以外 id … cmis:policy queryName … cmis:policy baseId … cmis:policy paren...
Property Definitions ( 1/2 )プロパティ定義以外のものは repository-specific特徴的なものとして, cmis:policyText が存在 => ユーザに分かりやすい policy の記述 ...
Property Definitions ( 2/2 )MUST have  Must Have cmis:name cmis:createdBy cmis:...
9
特徴用途 document/folder/relationship/policy のいずれの定義にも 合わないものを公開したい場合に利用する。リポジトリでサポートされない場合, getTypeChildren の戻りに ite...
Attribute Valuesほとんど repository-specificそれ以外, id … cmis:item queryName … cmis:item baseId … cmis:item parentId …...
Property DefinitionsMust have Must have cmis:name  cmis:createdBy cmis:descriptio...
13
of 13

PolicyとItem (CMIS輪読会#3)

Published on: Mar 4, 2016
Published in: Technology      
Source: www.slideshare.net


Transcripts - PolicyとItem (CMIS輪読会#3)

  • 1. CMIS 輪読会 #3 @mryoshio
  • 2. 2
  • 3. 特徴( 1/3 )リポジトリで強制される管理可能なオブジェクトrepository-specific 文字列で表現される。 サポートされる policy が定められている訳ではない。 サポートされない場合,  getTypeChildren の戻りに policy を含めてはいけない。拡張ポイントContent Stream を持てない,バージョン管理不可fileable, queryable, controllable 3
  • 4. 特徴( 2/3 )オブジェクトに対する適用 / 解除が可能 1 つのオブジェクトへ複数 policy を適用できる 複数のオブジェクトへ 1 つの policy を適用できる。適用した場合, コントロール可能なオブジェクトか否かに関わらず, policy の影響下に置かれる。 オブジェクトの状態や振る舞いに制約を課しうる。Only directly/explicitly applied policies are covered by CMIS. Indirectly applying policy to an object, e.g. through inheritance, is outside the scope of CMIS 4
  • 5. 特徴( 3/3 )policy が更新された場合, 適用済みオブジェクトへも影響する。オブジェクトが削除された場合, 当該オブジェクトへ適用済みの policy がオブジェクト から削除される。メソッド CRUD 操作に加え,次のメソッドが存在する。  applyPolicy  removePolicy  getAppliedPolicies 5
  • 6. Attribute Valuesほとんど repository-specificそれ以外 id … cmis:policy queryName … cmis:policy baseId … cmis:policy parentId … 値をセットしてはいけない 6
  • 7. Property Definitions ( 1/2 )プロパティ定義以外のものは repository-specific特徴的なものとして, cmis:policyText が存在 => ユーザに分かりやすい policy の記述 7
  • 8. Property Definitions ( 2/2 )MUST have  Must Have cmis:name cmis:createdBy cmis:description cmis:creationDate cmis:objectId cmis:lastModifiedBy cmis:baseTypeId cmis:lastModificationDat cmis:objectTypeId e cmis:secondaryObjectTyp cmis:changeToken eIds cmis:policyText 8
  • 9. 9
  • 10. 特徴用途 document/folder/relationship/policy のいずれの定義にも 合わないものを公開したい場合に利用する。リポジトリでサポートされない場合, getTypeChildren の戻りに item を含めてはならない。NOT versionable , NOT have contentCRUD 操作に加え, リポジトリによっては queryable 10
  • 11. Attribute Valuesほとんど repository-specificそれ以外, id … cmis:item queryName … cmis:item baseId … cmis:item parentId … 値をセットしてはいけない 11
  • 12. Property DefinitionsMust have Must have cmis:name  cmis:createdBy cmis:description  cmis:creationDate cmis:objectId  cmis:lastModifiedBy cmis:baseTypeId  cmis:lastModificationDate cmis:objectTypeId  cmis:changeToken cmis:secondaryObjectTyp eIds 12
  • 13. 13

Related Documents