こ こ夏 ろ目   収 録 版 下 作 青...
                    上   先 生 と 私夏目漱石『こころ』 ...
行 時   し 筆 私 ば も   一 っ 私 私 ら を は ) た 私 た は が も 執 ...
て る 然 に 彼 ら 断 国 着 工 私 い 。 帰 肝 は 国 っ 元 い 面 は い 彼 る 心 現 元 て ...
だ   な し 校 息 当 る   る 彼 の 宿 宿 た な 子 分 の 学 事 は ア は ...
の に と に 辺 ら   て そ れ を 中 知 う 来 ( ぶ 私 い れ た 一 に っ ) た へ ...
で こ た い 各 い 私 し   愉 ざ 鹹 こ 風 な 自 た は た 私 快 が ( で ( い ( ...
が て 時 着   二 さ れ さ 動 来 反 物 私 い る ) い た 対 を ( ...
の が た ( し い す   の ( か 。 は そ は ほ 海 浜 た た ...
人   も 一 て 海 大 は い て 所 に 彼 珍 つ い 老 抵 出 ぶ い は 、 は し ...
び ま 頭 抜 く の し   へ ろ の ず た が け に 中 ろ 私 歩 で 日 に 一 小 て ...
被 み た り   想 に し 腰   ど ( た 時 ょ そ ( 思 な を 彼 こ か 。 ...
と ず 目 を き 相 が の て に 着 く 的 描 で 当 追 中 行 置 物 ) は ( ) の い...
  い し で し そ 機 そ   三 或 つ ょ も て の 会 の 私 ( で に 、 ...
て   ら 込 こ て ち る 落 ど も 先 次 受 ん い か た と す う の 生 の け ...
は う   投 を め で ら に い 出 、 帰 し げ し て 躍 し な 海 る も り ば ...
た に い 考 て う   ま   元 私 。 や な え 、「 。 そ だ 私 の は 「 ...
て き 際 ま 洋 対 先 に 広   出 、 に ( く 人 す 生 住 い 私 た ど な つ ら ...
れ げ   四 違 た を 感 な か た 私 い あ 予 じ い ら の ( ...
ば ご て 私 が   め た の で 先 、 ) 行 は 付 私 た の で あ 生 私 か く ま い ...
前 の な ま 私 た 始 亡 て 若 だ に 懐 い し を 時 め く だ い ろ 、 か も い 遠 ...
物 る   じ 往 に そ つ う 業   欲 ) 授 た 来 伴 う う ち の 私 し み ...
記 躇 私 の 嫌 い 日 み 目   に 憶 ( は 言 い つ も 込 に 始 は の ち す 葉 ...
と て 賑 は 出 る 生   す い ら ( 気 た 仏 は 私 る う 雑 に の ば へ 例...
  「 見 に の 中 ん ら   五 ど た 「 か 先 縁 で ...
「 「 ま 「   一 れ   「 私 ん そ い し 誰 私 種 私 は か ...
  レ 墓 公 う う サ   し   た 先 と の 使 ぶ 傍 ベ 先 私 先 あ ...
ま う 「 に   そ じ て だ た し よ も 立 れ 聞 の 。 て る ...
  「 「 に そ 歩   か る   の 二 え す 歩 く ら 下 ...
「 「 「 生 て   「 「 「 し 「 そ お あ が い ど い た 先 切 ...
し 生 時   は は   六   い は も け ま 在 私 先 く 何 、 れ ...
  い に る に 鹿 実 知 に ら あ 今 人 入 人 か ( の れ 対 れ る い 、 ( ...
  な れ そ 私 ら そ ( が 射 も い せ ぞ ( 先 を れ ...
「 し   「 か 「 向 私 に べ ( 今 眼 ま 」 先 か い 先 ...
「 れ か を 参   ん 「 「 て も じ た 先 か し 私 み 何 切 り ...
い が 「 い 忽 と に た   さ の 私 起 ( も い あ ...
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
Natsumesoseki kokoro
of 633

Natsumesoseki kokoro

Published on: Mar 3, 2016
Published in: Sports      Technology      
Source: www.slideshare.net


Transcripts - Natsumesoseki kokoro

  • 1. こ こ夏 ろ目   収 録 版 下 作 青 成漱 空 文 庫   楓 出石 ( 著 作 版 権 失 効 作 品 )
  • 2.                     上   先 生 と 私夏目漱石『こころ』 -2-
  • 3. 行 時   し 筆 私 ば も   一 っ 私 私 ら を は ) た 私 た は が も 執 そ か だ ( 友 ま 先 じ ( の る 先 わ 達 だ 生 ) と 人 遠 生 た か 若 と な ) の 慮 と く ら 々 知 ど っ 記 と 書 し ぜ し り は て 憶 い く ) ひ い 合 と も を う だ は 来 い て 心 呼 よ け そ 書 い に も 持 び り で の 生 使 起 も と で な は 本 人 い っ う 同 す 、 名 を あ 気 ご そ う た じ は 常 っ に と の 端 の 事 打 に た な に 方 先 書 は で ち 。 ら 、 が ( 鎌 あ 明 生 暑 倉 な る す 私 け と は 中 い ぐ に が ( 。 な 呼 休 か 。 よ 「 と い ん き 暇 先 っ ) ま そ 。 で を く よ 生 て こ い を 利 」 自 受 ら そ れ た 用 ) し と 然 は 。 け し い だ 取 で い 世 だ て あ 頭 い か 間 か夏 っ 海 た ら目 た る 文 を ら 水 。 く で こ漱 の 字 憚石 浴 な あ『 そ ( ( ここ で る るこ に の か は でろ』 、 。 。 -3-
  • 4. て る 然 に 彼 ら 断 国 着 工 私 い 。 帰 肝 は 国 っ 元 い 面 は い 彼 る 心 現 元 て か て に 多 か は べ ( 代 に あ ら 三 二 少 分 電 き か の い っ 帰 日 ( の ら 報 と ん 習 る た れ と に 金 な を こ じ 慣 親 け と 経 ) を か 私 ろ ん か た れ い ( 、 工 っ に を ) ら ち ど う た 三 面 た 見 、 の い に も 電 ) 日 ( 。 せ わ 当 う 勧 友 報 た ( く け て ざ 人 と ( 達 を な さ め れ ど と が 結 す は 受 い ん ん ど う 避 気 婚 す そ け う ち ) も け ) ) し に す ま れ 取 ち し 実 よ て 入 る を っ に を て な 際 う 東 ら に い 信 た 、 費 、 彼 と 京 な は 結 じ 。 私 や 出 の 相 の か あ 婚 な 電 を し 掛 母 談 近 っ ま を か 報 呼 た け が を く た り 強 っ に び 。 る 病 し で 。 年 ( た は 寄 と 事 気 た 遊 そ が し 。 母 せ こ に で 。 ん れ 若 ) 友 が た ろ し あ 私 で で 過 い 達 病 友 が た る に い 夏 ぎ ら は 気 達 私 。夏 と は た 休 た れ か だ は が 私目漱 す ど の み 。 て ね か 、 鎌 は石 れ で そ い て ら 倉『 う に 急 金こ たこ ば し あ 当 れ か と に に のろ』 。 -4-
  • 5. だ   な し 校 息 当 る   る 彼 の 宿 宿 た な 子 分 の 学 事 は ア は を が の ( 元 で 校 に 固 イ 鎌 探 っ と む の 鎌 の な ( ス 倉 す て 年 す 宿 倉 授 っ も ク で 面 一 が こ に に 業 た と リ も 倒 人 年 ) 留 お が 。 ) ー 辺 も ( な で ( っ 始 せ よ ム 鄙 も ひ の 金 と て ま っ り だ ( た と で に ) も る か 帰 の へ な り 、 不 ま よ に く る と ん か ) 生 自 る し は 来 べ い ぴ っ ぼ 活 由 覚 、 ま た き う ) た っ の の 悟 帰 だ 私 は ハ な の ち な を 大 は ず 程 っ イ 方 で に い し 分 一 で カ あ な 度 て 人 角 は 男 た も ( あ ラ に る っ で 。 だ 取 っ な 。 た 私 よ り あ と あ 友 い い た も っ 私 っ 達 ぶ 残 。 の は そ と さ た う た は い ) そ に 。 別 け 中 日 れ れ は に 変 う た 玉 り れ 国 境 数 で 長 突 恰 ど の ( 。 彼 い 好 も 遇 ( し も あ に ひ は 畷 た ( 、 る か と夏 ( か な い目 ま か 学 資 た ず う漱 な つ っ 校 産 ) と石 わ こ っ 私『 ) が 家 が うこ て う た はこ き 学 の あ 帰ろ』 ) ) 。 、 -5-
  • 6. の に と に 辺 ら   て そ れ を 中 知 う 来 ( ぶ 私 い れ た 一 に っ ) た へ き は た に 。 つ 裹 た の 男 ん ) 毎 。 海 け 越 ( 人 よ や ) の 日 へ れ さ つ を う 女 に 間 海 は ど な つ 一 に で こ ( へ ご も け ) 人 黒 砂 れ あ は く 個 れ ま も い の ほ い い 近 人 ば れ も 頭 上 ど だ り い の 手 て た で が の ) に の 別 が 、 な ご 動 都 を 出 で 荘 届 砂 の い ち い 会 通 掛 海 は か 上 私 ゃ て 人 り け 水 そ な に も ご い 種 抜 た 浴 こ か 寝 、 ち た が け 。 を こ っ ( こ ゃ 。 住 て 古 や こ た ね う し あ ん 磯 い る に 。 ) い て る で ( 燻 に い 車 ( そ う い 時 い い く は く で べ 賑 る は る そ す 至 つ 行 っ ( 事 海 か ) 極 で っ ) て に も の と へ ぶ 便 も て み ぎ あ 中 思 下 り 利 建 も た ) っ が う り 返 な て 二 り や た 銭 ほ る っ 地 ら 十夏 、 か 。 湯 ど と た 位 れ 銭目 膝 藁 て漱 頭 な そ ( 、 、 を は石 の 葺 い 取『 ( 景 せ 避 こ ( 占こ たこ ひ 色 中 ん 暑 の わ め らろ』 。 -6-
  • 7. で こ た い 各 い 私 し   愉 ざ 鹹 こ 風 な 自 た は た 私 快 が ( で ( い ( 。 ふ の は で し し 休 ふ こ め 長 と で 実 あ ら お 息 う こ い 谷 し あ に っ ) ) す ) い め 辺 た る 先 た を は る な ら い ( 機 。 生 。 波 ゆ 外 も の ) は 会 そ を に い ( の 避 に せ ( の こ 打 身 ほ が 暑 専 へ は 時 の た 体 か 必 客 有 ん ず 海 雑 し ( ) 要 に の ) み 岸 沓 て か に な は 着 に ) に ( そ ら 、 の 、 換 大 か は ざ こ だ こ ぜ 場 き ら 掛 っ い で ) こ ひ ( そ 茶 と ら あ な を で と き の 屋 う を 清 っ 別 ( 海 た も が 荘 一 ) 跳 め 水 こ え 軒 か の ( た 。 を け 着 彼 う ば 構 の 間 は り を し ) 方 ぢ ( ) 、 ら え ゃ こ 洗 は た を て に あ ね 濯 共 拵 行 や い 廻 こ こ い さ 同 ( き ) だ ( へ こ る が 帽 せ で 着 こ 人 慣 ) ま た 換 し ( 二 に わ夏 子 茶 と 軒目 や り を 所 ら 違 な 見 ) 、 と ) ) あ 付 る漱石 傘 飲 っ っ『 ( こ い え れ け のこ み て たこ か こ っ て て 出 はろ』 、 、 。 -7-
  • 8. が て 時 着   二 さ れ さ 動 来 反 物 私 い る ) い た 対 を ( ) 恐 を て 。 に 脱 わ を れ 預 い 二 濡 い た 脱 は け た 人 ( で く ( あ た 。 の ぬ こ し ぬ っ り 特 間 ) れ ) ) た す 別 ( れ か が ぎ の る の あ た ら そ 棄 で の 事 い 身 海 の ( 、 で す 私 情 だ 体 へ 掛 は あ の ) ( 入 茶 ) る て 海 な に か ろ 屋 へ 。 い は ら う で る 海 事 は 限 目 だ と 先 い 水 り を ) す 生 に 着 る 、 遮 を る を し を て た 私 ( 風 と 見 び 持 は さ に こ た い た に つ え 吹 ろ 時 た な そ い ぎ か で は 。 い の に ) し あ 、 茶 私 先 る て っ 先 屋 に 生 幾 水 た 生 へ も を 多 か 。 が 一 持夏目 見 の ら 私 ち 切 物漱石 逃 黒 上 は ょ ( を『こ し い が そ う い 盗ころ た 頭 っ の ど っ ま』 -8-
  • 9. の が た ( し い す   の ( か 。 は そ は ほ 海 浜 た た ぐ も 私 ) の 、 う へ ( く ま 彼 私 知 に 西 先 ま 入 は 猿 ま は の ん れ る ま は 股 、 、 注 洋 生 な そ 人 が ) 様 ) ( 腕 そ 意 で か 子 ま れ さ 組 れ を の 一 っ が 優 人 あ を で る み を 惹 っ た 眺 行 第 ま を 床 ( れ の 。 一 て 西 た ( っ た し 几 ひ に そ な て 不 ) て ( ) 白 洋 れ 思 一 い 人 も が 、 海 し い か ほ ) 砂 議 つ の ょ た 皮 を ど だ の 膚 伴 か め の 方 う 。 わ 浜 て 上 っ 外 を ぎ 純 の ( 辺 た ( 色 つ ら い に ほ 向 ) 粋 ず が た し 。 い の の が ) 混 か 、 。 ゃ 私 て 上 日 、 れ 雑 ) 掛 私 私 が は 立 に 本 て し 何 茶 が の み そ っ す の い 、 物 屋 す 尻 な の て ぽ 浴 た そ も へ ぐ ( が 二 い り 衣 か れ 肌 入 先 し ら 日 た と ( ら ほ に る 生 り 、 前 。 放 ゆ で ど 着 や を ) 長 に 彼 ( か あ 私 け 否 見 を い 由 は ほ た ( る の て 付夏 お 間 井 我 う ) い 。 頭目 い け ろ 西 ( 々 ) を な が漱 な 出石 ゆ )『 し 洋 か の り 着 し 放こ い やこ た 人 っ 穿 出 て た 漫ろ』 ) 、 -9-
  • 10. 人   も 一 て 海 大 は い て 所 に 彼 珍 つ い 老 抵 出 ぶ い は 、 は し で た 茶 は し ) た 少 一 や く 済 。 ( 頭 て 多 の し 言 が 見 ま そ え に い く で 小 ( て え し う び 護 な の 、 高 ひ 自 た て い ち 謨 か 男 私 い と 分 。 皆 う ゃ 製 っ が の 丘 こ の ( 有 ) ( た 塩 凝 の と 傍 み 様 や ゴ 。 を ( 上 ) ( ん を 紺 ム 女 浴 じ で 二 わ ) 目 ( せ は び っ 、 い 殊 に そ 言 き な 撃 こ ) の ( ) の ん ) 更 出 と し す ふ ) の ( て を 前 た し ぐ 頭 こ 来 た 顧 に ば や て 傍 巾 と た こ み 立 か 藍 が い ( と て っ り ( ( さ る 、 わ ) 、 て の あ ず ら い 間 き ) き 何 そ い 私 い ず ( ) ( こ る の ) ん 肉 れ あ を が な に こ 眼 の ) も い 隠 ホ に こ の ( 色 を 胴 だ テ ) ご 西 め を 被 し と ) が ル か ん 洋 ) 波 ( 腕 に ち の い で 人 に 間 か と 、 で 裏夏 っ い が は に ぶ 股 大目 あ 口 た る い 、 浮 ) ( 分漱 っ っ に石 。 か も (『 日 猿 か なこ て た もこ そ 本 に 股 し だ っろ』 、 。 ) - 10 -
  • 11. び ま 頭 抜 く の し   へ ろ の ず た が け に 中 ろ 私 歩 で 日 に 一 小 て わ に す は き あ 本 、 直 さ 、 い 足 が 単 出 っ 人 す 線 く 比 わ を た に し た は ぐ に 見 較 い 踏 ) 好 た が 砂 身 浜 え 的 騒 み を 奇 。 、 の 体 辺 る 広 い 込 見 心 そ そ 上 ( ま ま 々 で ん 守 の の れ に か で で し い だ っ た 人 を 落 ら 戻 沖 た る 。 て め が 取 ち だ っ の 所 多 そ い に す り た ) て 方 へ 人 う た 、 な 上 手 し 並 わ を 来 へ 来 数 。 ん げ 拭 拭 た 向 る ( て す ち る ( 遠 で 先 ( 。 い と た る 浜 や て ふ 掛 て 、 に 浅 と 生 否 ぬ ( 辺 ) 茶 行 二 ん 彼 で や ぐ と を あ い 屋 っ 人 ず お ら 下 、 い て へ た と ) は っ す ) あ り 着 帰 。 も の 真 た ぐ を さ て 物 る そ 泳 間 直 。 頭 拾 ) 行 を と れ ぎ ( の ( く を い 着 、 か 出 あ 磯 ま 二 包 上 て 井 ら し い 近 っ 人 ん げ 、 戸 引 た だ ( す で て夏 い の目 さ の き 。 ) ぐ 後 、 い っ 水 返 彼 を そ ) 海 る漱石 ち 姿『 さ も し ら 通 に ( の とこ かこ と 浴 て の り 波 う 方 ころ』 ) - 11 -
  • 12. 被 み た り   想 に し 腰   ど ( た 時 ょ そ ( 思 な を 彼 こ か 。 刻 う の お わ が お ら へ ぶ す を ) 時 も れ ら ろ の か ) る 見 に の ) て 先 し 出 行 っ と 計 苦 私 い な 生 て て っ て 西 ら し は 出 ら の 烟 行 て や 洋 っ ん 屈 せ な 事 草 っ し っ 人 て で 托 ず か を ( た ま て は 、 い ( に っ 考 タ 後 っ 来 来 わ た く し た え バ ( た た な ざ 。 っ ま 。 た コ あ 。 。 い わ そ た っ し 。 ) と 先 で ざ れ く た か ど を ) で 。 、 生 先 掛 ) し う 吹 私 は 生 茶 翌 が ど も か 日 は 眼 一 屋 ( な う ど し や 鏡 人 ( あ い し こ て は ( 麦 か く と て か い り め 藁 け る い も で た 元 が 帽 ぢ ひ う い 見 。 の ね ( ゃ ) よ つ た そ 床 ) む や も り ど 事 の 几 を ぎ ) ま む こ の 時 ( と わ ま た し で あ 私 し っ ら で 先 ろ 会 る は ょ夏目 て ぼ 出 生 無 っ 顔 ぽ う漱石 台 う か に 聊 た の か ぎ『こ の ) け 会 ( 人 よ ん )ころ 上 を て っ ぶ か う と に』 - 12 -
  • 13. と ず 目 を き 相 が の て に 着 く 的 描 で 当 追 中 行 置 物 ) は ( ) の い を っ い を の つ え を 深 掛 通 た て 着 垂 い が 切 さ け り 。 、 て れ に ) っ の た 抜 先 す 入 る 達 い た 所 く け 生 ぐ れ 手 せ て 。 ま な て が 手 違 を ら 、 す で っ 、 昨 拭 い 振 れ 妙 る 来 た 一 日 ( に り な な と て 。 人 ( て 外 な か 方 先 、 私 で き ぬ へ 生 そ の が っ 向 こ は 泳 ぐ 出 ら た か は 浅 ぎ う い て 昨 か ) 掛 。 ら ら い 出 ) 行 茶 私 岸 日 水 の で 先 し よ っ 屋 が の と を 頭 生 た う た に 陸 方 違 頭 を 。 っ を 時 に 入 ( へ 目 の 、 包 る お 帰 て 上 騒 ん 標 私 が と か り 、 ( ま で 一 は し 、 ) 始 め で 、 種 じ 急 い 先 へ め 跳 に す 生 上 た の る ( 浴 た 弧 し そ 客 は が 。 は の す も っ そ 線 ) ね ( た夏 ( に 後 よ目 う て れ 抜 ) ( 浜 ち で こ か く を漱 雫 手 あ石 ゃ せ か『 ( 私 ( し と 下こ ん くこ ん し の ぬ て りろ』 ) ) ) - 13 -
  • 14.   い し で し そ 機 そ   三 或 つ ょ も て の 会 の 私 ( で に 、 来 上 も 次 ( あ も 来 そ て 先 、 の わ 一 挨 た ) た れ 、 生 拶 日 る 人 西 に ま の に く ( 時 で 洋 は た 態 も し あ 先 あ 人 ほ 超 度 ま ) い 生 っ は と 然 は た は さ が た そ ん と む 同 次 つ 例 。 の ど 帰 し じ の ) の 後 注 っ ろ 事 日 を 通 ( 意 て 非 を も す り ご を 行 社 繰 同 る さ ) 払 っ 交 り じ 場 っ ま う た 的 返 時 合 さ る 様 。 で し 刻 も と で 子 周 あ た に 、 海 姿 が 囲 っ 二 。 浜 か を 見 が た 人 け へ ら 見 え い 。 の れ 行 上 せ な く 一 間 ど っ が な か ら 定 に も て っ か っ 賑 の は 物 先 て っ た ( 時 起 を 生 来 た 。 に 刻 ら い の夏 て 。 最 ぎ に な い 顔目漱 、 先 初 ) 超 か 掛 を石 然 っ け 見『 い 生 い やこ た たこ つ は っ か と るろ』 。 。 - 14 -
  • 15. て   ら 込 こ て ち る 落 ど も 先 次 受 ん い か た と す う の 生 の け で ら ら 。 着 た し 場 と 日 取 眼 を 、 先 物 め た 所 い 私 っ 鏡 探 眼 生 の に 訳 に っ は た を し 鏡 は 下 、 か 脱 し 先 。 拾 始 の 白 に 後 、 ( ょ 生 い め 失 絣 置 ろ そ ぬ の の 出 た ( ( い 向 の ) 。 な し き 浴 ぎ 方 後 し て 私 に 棄 角 ( た ) ろ あ 衣 ( に あ 。 は く が っ な に す 泳 と 先 す な す た っ 砂 ) い ) 生 ぐ っ り 眼 て が て で に は 腰 た ) 鏡 、 い た 行 つ 有 掛 の の が 浴 っ 浴 ( 衣 っ づ 難 こ に 上 板 ぱ 衣 た い う 気 へ の を い ( し 二 ゆ 。 て と か が 兵 隙 着 二 海 い 付 児 間 、 い か け 三 丁 へ っ い 帯 ( 度 て た ) ) ( 飛 て の た ( す 振 い ち び 、 と へ き た を 下 ( 着 ょ 込 そ へ 見 こ ま ふ 。 う ん れ え お ) 先 よ 首 る う ) だ を と て び か ) 生夏 ほ 。 私 、 ) ら は と目 手 っ す漱 ど そ の を 急 を 下 た そ石 へ る『 沖 う 手 突 に 締 。 れこ とこ へ し か ッ そ め 落 す をろ』 、 - 15 -
  • 16. は う   投 を め で ら に い 出 、 帰 し げ し て 躍 し な 海 る も り ば 付 た 仰 ( て か の と っ ま ら け 。 向 お い っ 表 、 と せ く た 青 け ど た た 面 先 海 ん し 。 空 に ) 。 。 に 生 の て 「 な 浮 か 愉 の り 私 そ は 中 」 海 色 っ 狂 は う い 後 で の 快 た て と で が っ 自 し ろ 遊 い 中 ぎ ま た 由 て い を ん で す ま る っ ね ら 。 と 強 振 で て 起 ぎ 浪 先 歓 い も り い き 」 ( の 私 と ら な 生 喜 太 返 た を 上 と は に 陽 は っ か が 私 み 、 促 は 眼 ) ま 充 の て っ し る を の ( 光 そ 大 た 私 た た よ 射 上 み が の 。 き ぱ 近 に 。 う る に ) 、 し に な た 所 話 比 声 よ 寝 り ち 眼 し か 較 姿 う た た の に し を と 私 掛 的 勢 に 。 筋 届 先 出 手 ら け 強 を 痛 私 肉 く 生 改 し 足 二 た い た 烈 も の を 限 。 か 体 め な そ 動 り 人 ら 。 運 よ 広 質 た 色 の か 水 誘 先 動 り い を を 真 し と夏 わ 生 似 を 外 蒼目 も 私 已 て 山 (漱 れ っ は の ( 海 と (石 た 、 ま ( ほ あ『 た 「 顔 や の を おこ 時 ね かこ 私 も に 中 照ろ』 、 ) ) ) ) - 16 -
  • 17. た に い 考 て う   ま   元 私 。 や な え 、「 。 そ だ 私 の は 「 笑 先 知 路 か の 君 れ は す 先 っ 生 ら ( っ な は か こ ぐ 生 て と な み た い ま ら れ 「 は い 掛 か ち 。 私 だ 中 か え ? る 茶 っ ) そ は 大 ( ら え 」 先 屋 た を と れ こ 分 ( な 先 帰 生 で う ( か 。 生 浜 り 聞 だ か の 「 い け ) と 辺 ま き い 顔 ど う ぢ 二 懇 へ し 返 ぶ を う 問 ゃ 日 意 引 ょ さ ) 見 だ い 長 や お に き う ず た か に く ) い な 返 」 に で 時 分 答 こ て っ し と は 出 、 り え こ ち た た 快 い 私 会 ま る に ょ 。 。 く ら は っ れ 急 せ だ い う し 答 ん け る た ど か え な に 」 の つ 時 三 し た か 極 、 っ ( と 用 も 先 日 先 。 た き 答 意 り 生 目 生 そ 。 ま え を で は の が う こ ) た 頭 す 突 午 ど し れ り 。 の か 然 後 こ て が が し 中 」 私 だ に 二夏 か に と っ い 人目 私 悪 聞 に漱 の く し 蓄 向 た る で石 い と か『 口 な に え か まこ たこ を っ や て っ 思 は たろ』 。 - 17 -
  • 18. て き 際 ま 洋 対 先 に 広   出 、 に ( く 人 す 生 住 い 私 た ど な つ ら の る と ん 寺 は 先 こ っ き ) 事 私 呼 で の そ 生 か た あ に を の び い 境 の と で の い い 聞 口 掛 る 内 晩 い 先 は ) な い 癖 け 人 ( 先 う 生 不 を い て ( る の け 生 言 を 思 も 事 み く の 先 い の 葉 見 議 た や た ち で 生 だ 宿 の た だ な 、 。 く 、 の い を 始 よ と い 色 先 せ 先 家 ) 尋 ま う い の 々 生 ) 生 族 に ね り に っ に の は だ は で あ た で 思 た 、 話 彼 と 苦 な る 。 あ う り を の い 笑 い 別 宿 る そ け し し 風 っ い 事 荘 と 。 う 変 い れ た い た て を も の ど 。 末 り 弁 し 解 よ っ う の て も 私 外 、 解 た ( う 、 は 日 と し 。 わ な も 国 こ 普 ど 最 人 本 た 私 か 建 う 後 人 ろ 。 は ) 物 通 と や の し に 近 に 私 そ っ で て 先 さ 、 は れ た あ 旅 付 も 館 も 生 ( え う こ が 。 っ夏 思 に あ の 年 私 た と目 ち 鎌 違漱 い 向 か ま 倉 間 長 が 。石 か っ『 出 づ り ( の 者 先 そこ てこ せ っ 交 か 西 に 生 ころ』 ) 、 - 18 -
  • 19. れ げ   四 違 た を 感 な か た 私 い あ 予 じ い ら の ( じ と 期 を と 折 は わ ゃ で し 持 い 々 そ た な 、 て っ っ 「 お れ く い か て た ど 宅 よ し で か い 。 う ( り ) す っ は 若 も た ず は か た し い 君 く っ 月 」 。 ま 私 の ) と の と と い は 顔 へ 前 末 い こ か そ に 伺 で に っ ろ と の は っ 東 た が 疑 時 あ 見 て 京 の 先 っ 暗 っ 覚 も へ で 生 た ( た ( 宜 帰 私 は 。 あ 。 み ( っ は し そ ん 私 お よ た 変 ば う ) は ぼ ) 。 に ら し に 先 ) ご 先 一 く て 相 生 え ざ 生 種 沈 腹 手 と が ん の の 吟 の も 別 あ す 避 失 ( 中 私 れ り か 暑 望 ち で と る ま 」 地 を ん 先 同 時 せ夏 と を 感 ぎ 生 じ目 に ん 聞 引 じ ん の よ漱 、 ね石 い 「 た 返『 き 。 ) うこ た 。こ こ 上 人 し 事 なろ』 。 - 19 -
  • 20. ば ご て 私 が   め た の で 先 、 ) 行 は 付 私 た の で あ 生 私 か く ま い は 。 で 、 っ は て あ 先 の さ 気 た こ 生 た 単 予 れ に 軽 い う る 。 簡 る 。 か 期 る は 微 い ら そ ( す た な な よ う そ の た う れ も る び れ 失 事 う 時 ん あ に な 望 で で で 分 か も こ 少 る 、 か を よ し の ん も も っ 繰 あ く の 私 ) り 物 濃 の っ た り 先 ( は に が と 。 返 、 生 足 こ 先 た 、 前 む し ま か り ま 生 だ い へ し な た ら な や と 「 つ 進 ろ が 全 失 い ) よ え か み そ ら く 望 返 か ほ え 眼 た れ 、 気 さ 事 な ど い の く と そ が せ が 言 懇 ら 前 な は れ 付 ら 少 葉 意 っ に っ 反 が か れ し を に し 満 た 対 た な た 私 予 な ゃ 足 。 で め い 。 の 期 っ い に も 、 に よ 先 自 し た 」 現 っ 不 先 う 生 信 て つ と わ と 安 生 で は を 掛 も い夏 も 傷 (目 れ 前 に か そ か り っ て へ ら あ れ ( で た漱 揺 か石 離 っ に い い『 来 進 ( ) だこ た たこ る め う れ 気 っ た けろ』 。 ) - 20 -
  • 21. 前 の な ま 私 た 始 亡 て 若 だ に 懐 い し を 時 め く だ い ろ 、 か も い 遠 々 か な け 血 う ま し の 先 ざ の ら っ こ が と ず み だ 生 け 素 私 た ん こ 思 自 に か は よ 気 を 今 な う っ 分 応 ら 、 う ( 嫌 日 心 素 た を じ 止 自 と そ っ ( 持 直 。 軽 な ( 分 す っ て こ が に け 私 蔑 い よ に る い ん 起 働 は し 先 ) 近 不 ) た に る こ な 若 て 生 せ づ 快 の ち の う か い い は と こ の で ) か と っ 挨 た 、 い う 表 は に 解 は た 拶 も 他 う と 現 ( な な ( 思 。 の ( 警 す で あ か っ わ わ け と ひ 告 る は い っ て か な み を な れ と 人 さ た 、 ) か ど え ) 与 間 か つ の 始 ら っ る え っ も を に ) で め な た す 。 軽 た 、 た や あ て か 。 の の 冷 べ 蔑 近 る 解 っ 私 て ( で づ で 淡 。 っ た は あ あ に の け く 先 て 。 な 人 い る ほ る 見 生 来 そ ぜ 。 。 え 間 べ ど が た れ 先 に夏 つ 他 の 傷 る 私 。 が 生目 ( ( 動 対漱 ) 価 に 先 先 に石 ひ い 作 し『 す 値 示 生 生 対こ と た は てこ る の し は の しろ』 ) ) 、 、 - 21 -
  • 22. 物 る   じ 往 に そ つ う 業   欲 ) 授 た 来 伴 う う ち の 私 し み 業 。 で う し ち に 始 は そ が が 私 学 強 て に 一 ま 無 う で 始 は 生 い そ 、 度 る 論 に き ま し の 刺 の 鎌 行 ま 先 自 て っ ば 顔 戟 上 倉 っ で 生 分 き て ら を ( に ( て に を の た 、 く 見 し 彩 か お は 訪 室 。 一 先 る げ ( ま こ ま ね ( 私 カ 生 た き い く う だ る へ は 月 の び ) ろ ら と 二 つ や 何 ば 事 に と ど ) 思 週 も ) だ か を 新 共 ) に っ り 間 か り 忘 い た の し に ら の で 不 す れ た 。 中 い 、 れ 日 東 足 る た 時 し を と 学 濃 る 数 京 見 な 。 年 く 大 の か ( へ 顔 私 気 し 廻 の に 私 都 ひ 帰 ( を 対 の 会 分 帰 か っ し 心 が っ み に す 心 の ず て ま て る を 空 段 て ) 来 往 、 々 二 わ ま 希 染 気 が た ) 来 望 め が 薄 日 あ 。 を た く し と 付 、 三 る 帰 一 た 歩 緊 け 記 な 日 の っ き 種 っ夏 。 張 た 憶 と で て目 始 の て 私 と 。 の 経 、 か漱 弛石 め 来 ( ら『 の ( を 私 復 そこ た た たこ 頭 た 感 は 活 の 授ろ』 。 。 ) - 22 -
  • 23. 記 躇 私 の 嫌 い 日 み 目   に 憶 ( は 言 い つ も 込 に 始 は の ち す 葉 だ で 先 む 行 め 再 あ ゅ ぐ を と も 生 よ っ て び る う 玄 思 い 大 は う た 先 先 下 ち 関 い う 抵 留 に の 生 生 女 ょ 先 出 事 ( 守 感 は の の は ) を し も た で ぜ 次 宅 顔 、 し 去 て 聞 い あ ら の ( が 私 て ら 、 い て っ れ 日 う 浮 を そ な 理 た い た る 曜 ち い 待 こ か 由 。 ) 。 好 だ ) て た に っ ( 二 宅 鎌 ( と を 出 し 立 た わ 度 に 倉 い 訪 た 覚 て っ 。 け 来 い ) ね 。 に え お て 下 て る い た 私 ) い て い い 女 二 と 日 時 は て も た い ま た ( な 度 い 時 和 る 、 ま 。 げ と う ( 先 た た い 、 。 先 こ じ 不 も 事 私 ひ 晴 生 内 の ょ 会 を よ は 生 ( 満 は れ に 前 ) を え 聞 先 り た 留 う 名 の な い ) 守 会 ち ど 生 空 い 刺 顔 こ か た 自 で が で ) を を っ 。 あ あ た へ か 身 身 く 取 見 に た む の っ に っ夏 は り て 私 し た た な目 い 感 口 沁 っ漱 次 少 じ は ろ か 。 ( 。石 っ た『 い し 、 外 そ し 二こ た た ら 。こ だ 躊 そ 出 の 度ろ』 。 。 、 ) - 23 -
  • 24. と て 賑 は 出 る 生   す い ら ( 気 た 仏 は 私 る う 雑 に の ば へ 例 は と 好 司 ぎ 毒 か 花 月 そ 奥 奇 ヶ や そ り を そ の さ 心 谷 ) う で 手 の 人 ん も へ か に 、 向 日 か ら 動 行 な い 十 ( に ら し い っ 町 っ 分 た な 鄭 い た て の て に む る 寧 人 。 み 方 く な ) と ( が そ る へ れ る け 雑 て 代 れ 気 一 た か に 司 い っ で に 丁 。 、 行 ヶ ね て す な ( 私 な く 谷 い 出 ぐ は 習 ( て っ ち ら ぞ ) 踵 た ょ 会 な 慣 に 来 ( 釈 な う た き 。 う い し 先 先 ) ( か の 生 。 び え だ が 美 す 生 ほ で や の に ど し ご そ 出 し ) ゃ う ) い を 会 歩 ざ の 先 え く く い で 墓 を 奥 回 ( る と ) ま あ 地 教 さ め か 、 し す る に え ん ぐ 会 私 て 」 。 あ ら で 「夏 ) え も 外 と る れ あ目 た ら な 散 へ 奥 或 っ漱 っ た石 し い 出 ( た『 歩 さ た 。こ た た あ 。こ か が ん 今 先ろ』 。 。 ) - 24 -
  • 25.   「 見 に の 中 ん ら   五 ど た 「 か 先 縁 で は 私 う 。 ら 生 先 ( 行 い ( し 先 は て 生 ふ っ っ わ 同 」 ち 生 た て た … ら じ … と ) 。 、 く 言 大 が し す 両 し 、 い 葉 ど き 日 る 方 ) を な に 人 と に は う が 二 し 声 光 そ 楓 墓 遍 を る ふ の ( 地 て い ( … 掛 ま 端 か の へ け で と ( え 手 … 出 ん 」 た 近 は で 前 ) 。 く て ず ) に 繰 先 寄 来 ) を あ り 生 っ た れ 植 る 返 は て 。 に え 苗 し 突 行 私 見 付 畠 た 然 っ は え け ( 。 立 た そ る た な そ ち 。 の 茶 広 え の 留 そ 人 店 い ば 言 ま う の ( 道 た 葉 っ し 眼 ち を け は て て 鏡 ゃ 奥 )夏 森 私 出 ( み の の目 の し め せ 方 左漱 閑石 が『 ( 顔 抜 ) へ 側こ ねこ し を け の 進 かろ』 ) - 25 -
  • 26. 「 「 ま 「   一 れ   「 私 ん そ い し 誰 私 種 私 は か ど 先 う い た ( は の の 急 ん で え だ も 生 後 か 私 曇 そ の に ) す 、 」 れ が り ( 何 と か そ ) の 態 あ ど が 表 度 と し 。 ん の う あ と も た ― な 墓 情 は ) ― し っ の む 応 昼 事 へ て た を ( の そ は 参 中 し 跟 う こ 。 ( ろ こ 中 何 り こ ( た ( 、 も に う 落 つ そ へ ち ち ) う れ お 行 来 ) え ち っ っ ) 付 け は た に い ら ) い し た か て れ に ゃ か は て 来 う を 判 い な 異 は い 、 た 様 先 然 た く ず ま 妻 の な 生 ( 。 な せ ( で が に は 声 っ 調 ん さ す あ 話 っ は た 子 り 」 い か を し き む 。 ま ) 。 も た り し が ど せ 。 ) ろ っ そ う ん い 沈 て ね の し 繰 人 え ん て 、 な で り夏 始 の … 返目 め 名 い い … よ さ漱 て を た 」石 れ『 会 い う 。こ たころ っ い な け 。』 - 26 -
  • 27.   レ 墓 公 う う サ   し   た 先 と の 使 ぶ 傍 ベ 先 私 先 あ 生 で 前 何 っ ( ラ 生 に 生 な は も で 々 し か な と は は た こ 読 、 と ょ た に 私 そ よ に ま 「 は の 。 れ い う わ な う せ こ 通 意 い ら う ) ら に や る れ り 味 う の の と ) ) く つ は へ が 必 墓 も 書 に の 得 も 何 出 ま 要 標 あ い 、 墓 心 り と よ る が が っ た 一 だ ( で 読 う で な 現 た 塔 切 の と し む と 解 い わ 。 婆 衆 、 く ょ ん し ( ん す 私 ( 生 神 し う で て わ だ 人 は と 悉 僕 ん ね し ( 墓 か か 種 安 う 有 ) 」 ょ の ) ら 々 得 ば 仏 し し と う 間 ら 」 ( 烈 ) 生 ん た い 」 ( を な ひ と な ぼ ら っ と い 抜 か と 彫 ど く し て 先 っ け っ さ ( が ) い ま 先 生 さ た た ほ 建 ロ 様 ざ 生 に 。 。 ) て い ギ 子 ま は 聞 依 り て し ン で ) 苦 い 付 撒 あ ゅ の あ の 笑 た け 伯 っ じ 墓 っ夏 し 。 拉目 様 「 た た ょ だ た漱 式 た ア 小 。 う の 何 。石 に 。 々『こ ン さ 全 し と ( しころ 対 ド い 権 つ い イ か』 - 27 -
  • 28. ま う 「 に   そ じ て だ た し よ も 立 れ 聞 の 。 て る 墓 め う う っ ぎ い を 私 、 よ 少 地 ) 私 う ) て の り に て 指 が し し い 何 い し 丸 ほ に す 区 考 ど な て た 切 と え た て い 、 る 。 も が 、 墓 に り こ と り た 滑 ま そ 目 い 事 、 し 石 こ 、 し き 稽 す い 綺 の に わ が ( ま り ( 」 ら 麗 下 、 な あ は ( い に こ と の へ 大 く り か き に か っ い 地 来 き な ま い れ 「 れ け っ 面 た な っ せ し い あ こ い た は 時 銀 た ん ) ) な れ ) 。 金 、 杏 。 ね だ で 先 た い も 先 色 ( 」 の す 生 は い ア 生 ( い と 細 よ は 死 た イ は き ち い 長 。 高 と が ロ 月 ん ょ っ い こ い い る ニ に い う た 御 の 梢 う の ー 一 ろ ( ) 。 影 木 事 を も 度 ) こ が 私 ( が 実 、 認 ず の ず 一 は み す を 始 め つ 落 え 本 黙 か っ ま め て は 葉 ) 空 っ げ か だ の な 必 で を を た ) り 真 う い夏 ず 埋 見 隠 。 の目 黄 面 ち ら こ ( 上 す 先 碑漱 葉 目 は し石 の う げ (『 ( よ 生 ( 黙 かこ ず て ひこ 木 こ う も ま っ っろ』 ) 、 ) - 28 -
  • 29.   「 「 に そ 歩   か る   の 二 え す 歩 く ら 下 れ こ 男 向 人 え ぐ い 方 左 を 別 お で れ が う は て も へ か へ 、 の 通 ま に 宅 行 歩 切 る 寄 ( 私 ら 鍬 方 た っ は い ど れ ( で の 黙 る た た て て で 所 く さ こ く 凸 っ 。 ほ 行 へ す わ 凹 あ て も ) っ ぐ っ あ へ ど 行 ) ( 南 の た く 街 の で た の り お 。 道 。 ま 帰 窮 と 手 こ 方 屈 先 い へ を ぼ へ せ り 生 出 ん で を う 休 こ 坂 感 は 目 た め ) を か す い 。 ら か じ 的 て の 下 な つ ( 私 地 」 」 も り か あ た 面 た っ よ て ち を 。 た り ) を な の 口 の 見 ら で 数 な て し 、 を い い て ぶ 利 私 た 新 ( ら き は 。 墓 ぶ ) 、 私 地 ら か た た を夏 い な だ ち 作目漱 っ か 先 は っ石 し っ て『 生 そこ たこ ょ の こ いろ』 。 - 29 -
  • 30. 「 「 「 生 て   「 「 「 し 「 そ お あ が い ど い た 先 切 先 う 友 す 不 い な い 。 生 で 達 こ り 生 え た え の 意 上 は す の に に 」 の 」 お 」 お は げ こ お 宅 そ た れ 墓 私 こ 墓 の へ の 。 以 が 墓 へ す 外 毎 友 戻 あ 地 月 達 る に る は っ と 何 ( の て ん あ ま 墓 一 も で す 来 町 答 い が た す こ げ あ ( え か に 。 ち な つ る 。 あ ) ん ょ か ― る お で う っ ― ん 参 す ) た ご で り 」 ほ 。 親 す を ど 私 類 か な 歩 も の 」 さ い そ お と る た の 墓 私 ん 後 話 で が で ( は す ま す あ そ か た か と れ 」 口夏目 」 ) ぎ を漱石 で り 利『こ 、 に きころ 先 し 出』 - 30 -
  • 31. し 生 時   は は   六   い は も け ま 在 私 先 く 何 、 れ す 宅 は 生 ら 時 懇 ど ま で そ は い ( 意 も す あ れ そ で い に 先 繁 っ か の あ つ な 生 ( た ら 日 っ ) っ の し 。 時 こ た も た 私 げ 先 々 れ 。 静 そ に ) 生 先 以 私 か の 対 く に 生 外 は で 後 す 先 会 を を 最 あ ( る 生 う 訪 語 初 っ の 態 の 度 問 ら か ち 度 玄 数 す な た ら ) は 関 ( る か 。 先 も 初 へ ど よ っ あ 足 た 生 る 、 め す う に あ て を う に 。 時 運 は は ま 挨 ) な 近 り 拶 ん が っ 静 だ づ か 変 ( 重 た き り あ 。 な 。 過 が ぎ は い る 行 た て な さ に く い 淋 か つ つ た夏目 不 ( っ ) れ び漱石 思 さ た を て に『こ 議 び 。 し 、 先こ が 先 た 私 生ろ』 ) - 31 -
  • 32.   い に る に 鹿 実 知 に ら あ 今 人 入 人 か ( の れ 対 れ る い 、 ( 、 く ば 上 な し な よ っ ― い 愛 頼 か に い て い う た ― ) せ も ) 証 。 も と に 通 こ ろ ず し げ 拠 し っ い 思 り れ う に く て 立 か て う っ 先 が と は ま い て し い 感 て 生 先 す い た る ら そ た じ い は 生 る ら 嬉 と れ の も が た 始 で も れ ( 笑 た 私 の 、 。 終 あ の な う わ の だ は ど そ 静 っ を い れ れ だ け 、 こ れ か た 、 人 ) て か に 多 か で で 。 手 、 し も ら は く に い あ を く 、 、 こ の 強 て そ っ ひ 思 そ 私 の 人 く 、 れ っ た ろ で れ は 直 の 働 ど 。 げ て を 若 感 う い う い い 落 て て 見 々 が ち た し ち 抱 る 越 し 後 で 。 て 自 。 付 き 分 し い ( あ こ も い 締 人 た と の る う 近 の 間 て め 懐 自 い ち い い づ い る を 分 わ ) は う か ( 愛 た 事 ふ の れ に 私 感 な夏 。 の し 直 て な だ じ け目 と 得漱 け で こ 覚 も っ け を れ石 ( か『 れ き ろ を 、 て 先 ばこ うこ ど な と 馬 事 も 生 いろ』 ) ) - 32 -
  • 33.   な れ そ 私 ら そ ( が 射 も い せ ぞ ( 先 を れ の の 始 時 或 た う 生 思 ぎ 心 異 め さ と ( 。 し と い り は 様 が て ) し 話 あ 出 暗 五 し の そ す て ) か や し さ そ 分 瞬 ) の よ 変 て る せ う と し 間 曇 う な 晩 そ の い ら な 経 に 墓 り に 曇 た の れ こ ( れ 、 を 。 り 事 は 地 私 た の た 今 で 先 射 が は で の 雲 ) 単 ま 生 す そ あ に 、 、 は の た で 不 の か の ふ っ 、 影 な 一 快 眉 と 顔 意 と た 小 を い 時 く 間 思 を に 先 。 春 忘 う の 流 ( う 横 先 生 ( れ ち 結 れ み と 切 生 が こ て に 滞 て け 、 る を わ は し 平 ( い ん す 事 呼 ざ る ま 素 け た ) ぐ が び わ ) っ の っ 心 に 消 あ 掛 ざ の た 弾 た 臓 認 え っ け 注 尽 。 力 い の め る た た 意 き ゆ を ) 潮 た に 。 時 し る く 回 に 流 の は 窓 過 で て に り 復 を あ は 消 に く 間 な し ぎ ち 、 え 黒夏 な っ目 れ ( く た ょ た 雑 た い た ま ま 。 か っ 司 鳥漱 。 が石 銀 た っ と 影『 ) 私 私 ヶ 。こ たこ 杏 の そ は 鈍 は 谷 私 がろ』 。 - 33 -
  • 34. 「 し   「 か 「 向 私 に べ ( 今 眼 ま 」 先 か い 先 の 行 た 度 を だ 生 っ ち 生 課 く 。 お 離 空 雑 て ょ 墓 は 坊 司 業 日 勘 う さ そ こ が が 定 参 な 主 ヶ う ) ( う ( 谷 午 、 し の か 答 い ( そ て は か ( 大 っ え っ ひ れ み か ら ぞ 樹 た な た る か る ま ぼ う ( 。 が 。 ) ら と い う し た 私 ら で ち 、 ) ず が い は 私 終 ょ 先 り ) や じ す の ( う 生 に に ) ゅ ぐ 顔 お ど が い は の ) い を ) 三 毎 ら な 銀 を っ 見 え 日 月 っ ら 杏 眼 た 守 る 目 例 し な は ( 。 っ 楽 に ( ゃ い も め る た で う な 当 ま ) 時 。 し 散 日 っ い の に そ ょ っ で て げ 前 お う う て あ い つ に 伴 し 」 し っ た れ 想 ( て ま た 。 い ( と そ っ 。 そ ) お も こ た 私 の と も夏目 ) か で は 三 し )漱石 を ら し 先 日 て い『こ し し ょ 生 目 墓 浮ころ て ば う に は 参 か』 - 34 -
  • 35. 「 れ か を 参   ん 「 「 て も じ た 先 か し 私 み 何 切 り 宜 ゃ 。 生 」 か は た だ り だ ( お 私 は し 墓 い 墓 か 離 け つ 参 よ は 、 そ な 何 」 ) 参 な と い り り 私 う ん で に ご お に と だ も ざ で と 答 に 行 も は す か 散 く ん 先 そ る ら え す 好 へ な 歩 ん ( の 風 」 を で か 出 時 ( と か 。 い な 、 る の ふ い っ 私 ) す 散 気 先 う っ た は い っ 歩 に 生 ) て 。 先 か た に な が に 、 し 生 ら ら 行 っ 、 見 ど ば と い ち く た い え こ ら い っ ょ ん 。 か た ま く っ し う じ に 。 で し し ょ ど ゃ も 私 も て ょ に 好 な 子 と 墓 か に 伴 ( い 供 行 参 ら あ ( い で ら き ( 、 す つ 「 ) す ) し た ぼ 私 い よ こ れ く く さ の じ 」 い て て な ん は ゃ ら夏目 行 変 い ) 本 あ が漱石 っ に 口 と 当 り 散『こ て 思 実 散 の ま 歩ころ 下 わ だ 歩 墓 せ し』 - 35 -
  • 36. い が 「 い 忽 と に た   さ の 私 起 ( も い あ も の 実 で は し た 異 。 っ 片 で 際 す 」 た ち 様 私 て 付 あ 私 。 、 と 。 ま の も け る に 自 他 先 二 ) 光 。 お ら は 分 ( 生 つ ち が す 墓 れ 墓 の ひ が の 雑 出 る 参 な 参 妻 と い 表 司 た り い と と ( ) っ 情 ヶ 。 を 微 先 散 さ と た は 谷 ( そ し 生 歩 い い 。 全 れ ま 「 で か の と ) っ 私 く 「 す は 眉 の す さ し は 同 先 ) 迷 ( 区 か え ょ あ じ 生 か 惑 ま 別 ら ま に な だ 」 な と ゆ が 」 だ あ た っ と 不 も ) ほ 伴 す に た 呼 安 嫌 が と れ こ 話 の び ら 悪 ち ん て で ( へ す 掛 し け ょ ど 行 墓 事 あ け い っ 無 っ る ん 参 の た も お と 意 た り で 。 時 の 曇 味 事 ) に き の で と っ の が は な 記 あ も た よ な 行 い 憶 っ 畏 。 う夏 い き あ を た 怖 眼 に目漱 の た る 強 。 ( の 思石 で い『 く 理 く 私 う わこ す ふこ な 由 思 は ち れろ』 」 ) - 36 -

Related Documents