そこにnullはあるのか 古典ナワトル語からみた “null anaphora” 佐々木充文(東京大学大学院)アジア・アフリカ言語文化研究所 第4回文法研究ワークショップ 2012. 07. 21
本発表のテーマ統語的な「ゼロ」: null argumentPolysynthetic language における問題古典ナワトル語特有の問題
本発表の構成言語の概要動詞における項の「省略」– Polysynthetic language一般の問題– そこに null はあるのか?名詞における人称標示– 古典ナワトル語特有の問題– そこにも null はあるのか?
1. 言語の概要
1.1 ナワトル語地域: 主に現メキシコ合衆国現在の話者数: 約150万人500年に及ぶスペイン語との接触(1521年メキシコ征服) 地図: Google Maps
1.2 古典ナワトル語時代: 16–17世紀(植民地期前期)地域: 現メキシコシティ周辺ラテン文字による資料 写真 左: Códice Mendoza, via Wikimedia Commons ...
1.3 古典ナワトル語の文法特徴Head-markingPolysynthetic, holophrastic– スロット型形態論 (template morphology)– 義務的な主語・目的語一致– 生産的な名詞抱合Non-configu...
1.4 動詞のスロット型形態論動詞が一定数の形態論的「スロット」をもち、決まった屈折形態素がそれを埋める主語接辞- Slot 1 目的語接辞- Slot 2 方向接辞- Slo...
1.4 動詞のスロット型形態論 I II III IV V VI VII -I 不 ...
1.4 動詞のスロット型形態論(例) (1) ši-kim-on-tla-maka-ti 「君は彼らをして彼女らに何かを与えさせなさい」 I II III VI - -...
1.5 人称接辞の義務性(2a) ni-kwi:ka 「私は歌う」 私が-歌う(自動詞)(2b) ni-kim-itta 「私は彼らを見る」 私が-彼らを-見る(他動詞)(2c) ni-mic-itta 「私はおまえを見る」 ...
2. 動詞における項の「省略」
2.1 概要: 動詞における項の「省略」主語・目的語が動詞の人称接辞で標示されるため、動詞が単独で文として成立する(明示的なNPは非義務的)独立形代名詞や full NP が明示的に現れる場合でも、動詞の人称マーカーは省略されない(3a) ...
2.2 似た現象: イタリア語・ スペイン語タイプのpro-dropスペイン語 (4a) (Yo) manej-o el carro. 私 運転する-1sg the ...
2.3 Implied definiteness (1)三人称で明示的主語が現れない場合、主語は定・特定解釈(Generic・impersonal の読みは不可能)スペイン語(5a) Alguién manej-a el ...
2.3 Implied definiteness (2)古典ナワトル語でも同様(主語・目的語とも)(6a) aw intla: aka’ Ø-k-a:nas-neki … そして もし ...
2.3 Implied definiteness (3) そこに三人称主語はあるのか?接辞がゼロなら一・二人称解釈は不可能Impersonal verb、weather verb などのゼロ接辞は同様に解釈できるか?
2.4 共通点人称標示が常に義務的– NP項が現れる場合も動詞の人称標示は脱落しない– 人称標示の有無がNP項の指示性に左右されない (疑問詞・否定代名詞・不定名詞句 etc.)Implied definiteness– NP項が現れない場合、...
2.5 古典的なpro-dropの分析 (1) Rizzi (1982) etc. 項が本来現れるべき位置に音形のない不完全な 代名詞 pro を想定 (cf. Extended Projection Principle)...
2.5 古典的なpro-dropの分析 (2)一見つじつま合わせの強引な説明に見えるが…pro は主語位置を占め、意味役割を担う– 「明示的な代名詞がなくても代名詞主語がある場合と 似た意味になる」ことがとらえられるpro は人称などの素性が未...
2.6 古典ナワトル語への応用 (1)Baker (1996) による分析:– Polysynthetic languageのNP argumentは すべてadjunctである (Jelinek 1984)– Polysynthetic la...
2.6 古典ナワトル語への応用 (2)(9a) 明示的なNP項がない場合:[ pro1 [ pro2 ti-ne:č-kokolia ]] 主語 pro 目的語 pro 君が-...
2.6 古典ナワトル語への応用: 問題点スペイン語タイプとの共通性をどう説明する?– Implied definiteness– 明示的NPがある場合はnon-referentialも許される本当にNP項はA位置にあるのか?– cf. Role...
2.7 近年の展開と課題: そこに pro はあるのか?Alexiadou & Anagnostopoulou (1998)動詞の活用それ自体を代名詞的と考える– 不定名詞句主語の説明は?– Polysynthetic langu...
3. 名詞における人称標示
3.1 概要: 名詞における人称標示古典ナワトル語では、動詞だけでなく名詞にも義務的な人称標示現れる接辞は動詞の主語人称接辞と同じ(i.e. 三人称はゼロ)名詞述語だけでなく、項名詞にも義務的通言語的に珍しい現象であり、ナワトル語特有の問題
3.2 古典ナワトル語における名詞と動詞名詞と動詞の語彙的区別は明確– 名詞は所有者人称標示をもつ– 動詞は時制・アスペクト・ムードをもつナワトル語研究では、形容詞・後置詞は名詞扱いされることが多い
3.3 名詞における人称標示の例 (1)(10a) ni-me:ši’kaλ 「私はアステカ人だ/アステカ人である私」(10b) ti-me:ši’kaλ 「おまえはアステカ人だ/アステカ人であるおまえ」(10c) Ø-me:ši’...
3.3 名詞における人称標示の例 (2) 名詞述語における人称標示の例(11a) ka ni-towe:nyo: 実に 1sgS-ワステカ人 「私はワステカ人だ」(11c) inλa: Ø-nelli i...
3.3 名詞における人称標示の例 (3) 項名詞における人称標示の例(12a) …ni-nočo:kilia in n-amoko:l in n-a:šaya:ka 1sgS-嘆く IN 1sgS-2pl...
3.3 名詞における人称標示の例 (4) 現在・現実の述定関係を含意しない例 (過去・未来・願望・命令)(13a) ni-te:lpo:čλi ni-noči:wa 1sgS-若者 1sgS-なる 「私...
3.4 名詞の人称標示の性質: まとめ動詞の主語人称接辞と同じ接頭辞– 三人称はゼロ項名詞にも名詞述語にも義務的に起こる名詞が単独で述定節を作ることもある現在・現実の述定関係がなくても起こる
3.5 Andrewsによる解釈Andrews (2003): 古典ナワトル語では、すべての名詞・動詞は「節」 (“nuclear clause”) – “Omniclausality”(本発表の造語) Nuclear clauseには...
3.5 Andrewsによる解釈(例1)※Andrews (2003) の分析を簡略化したバージョン(15) ni-no-čo:kilia in n-amo-ko:l 1sgS-reflO-嘆く ...
3.5 Andrewsによる解釈(例2) Principal clauseの主語や項名詞が三人称の場合 多くの空要素が必要になるが、それだけの利点はあるか? (16) Ø-españoles Ø...
3.5 Omniclausality仮説の問題点 煩雑になってしまう 三人称名詞句: そこにゼロはあるのか? どこまでゼロはあるのか?– 副詞・後置詞 etc. 他言語との並行性をどうとらえるか?
3.6 名詞の人称標示とpro(17) a. nitowe:nyo: b. pro[1sg] nitowe:nyo: 「私はワステカ人だ」(18) a. ninočo:kilia in namoko:l b. [pro[...
4 まとめ動詞における項の「省略」– 三人称主語はあるのか?– proはあるのか?名詞における人称標示– 三人称主語はあるのか?– どこまで三人称主語があるのか?– proはあるのか?
5 近年の一般言語学的展開と展望Polysynthetic languageの類型論的研究Role & Reference Grammarの精緻化Minimalist Program– proの使用の制限– 一致素性の意味的側面の再評価Pred...
勉強会・研究会Ustream配信の試みTwiFULL(Twitter自由言語大学) Wiki: http://bit.ly/TwiFULL – Twitterを中心に言語学系勉強会を開催、Ustream配信 – Twitterを...
of 40

Is there a NULL there?: Null anaphora in Classical Nahuatl

Slides (to be) presented at Grammatical Studies Workshops 4 (21 July 2012), ICLAA, Tokyo
Published on: Mar 3, 2016
Published in: Education      
Source: www.slideshare.net


Transcripts - Is there a NULL there?: Null anaphora in Classical Nahuatl

  • 1. そこにnullはあるのか 古典ナワトル語からみた “null anaphora” 佐々木充文(東京大学大学院)アジア・アフリカ言語文化研究所 第4回文法研究ワークショップ 2012. 07. 21
  • 2. 本発表のテーマ統語的な「ゼロ」: null argumentPolysynthetic language における問題古典ナワトル語特有の問題
  • 3. 本発表の構成言語の概要動詞における項の「省略」– Polysynthetic language一般の問題– そこに null はあるのか?名詞における人称標示– 古典ナワトル語特有の問題– そこにも null はあるのか?
  • 4. 1. 言語の概要
  • 5. 1.1 ナワトル語地域: 主に現メキシコ合衆国現在の話者数: 約150万人500年に及ぶスペイン語との接触(1521年メキシコ征服) 地図: Google Maps
  • 6. 1.2 古典ナワトル語時代: 16–17世紀(植民地期前期)地域: 現メキシコシティ周辺ラテン文字による資料 写真 左: Códice Mendoza, via Wikimedia Commons 右: Florentine Codex, digitized by the Arizona State University Hispanic Research Center
  • 7. 1.3 古典ナワトル語の文法特徴Head-markingPolysynthetic, holophrastic– スロット型形態論 (template morphology)– 義務的な主語・目的語一致– 生産的な名詞抱合Non-configurational?“Omnipredicative” (Launey 1994)
  • 8. 1.4 動詞のスロット型形態論動詞が一定数の形態論的「スロット」をもち、決まった屈折形態素がそれを埋める主語接辞- Slot 1 目的語接辞- Slot 2 方向接辞- Slot 3 語幹 -時制接辞 Slot 4 スロット
  • 9. 1.4 動詞のスロット型形態論 I II III IV V VI VII -I 不 不 定 再 定 再 非 抱 動 目 帰 人 帰 時 主機 主 方 人 合 詞 的 目 物 目 制 語能 語 向 物 要 語 語 的 目 的 数 目 素 幹 語 的 語 的 語 語例 Ø- k- on- mo- te:- λa- ne- -ya -’ 主語・目的語マーキング
  • 10. 1.4 動詞のスロット型形態論(例) (1) ši-kim-on-tla-maka-ti 「君は彼らをして彼女らに何かを与えさせなさい」 I II III VI - -I 不定非人物主語 目的語 方向 語幹 主語数 目的語 ši- kim- on- λa- maka-ti -Ø二人称 三人称 与え-させる 単数 あちらに 何かをOpt. 複数 Opt. 主語
  • 11. 1.5 人称接辞の義務性(2a) ni-kwi:ka 「私は歌う」 私が-歌う(自動詞)(2b) ni-kim-itta 「私は彼らを見る」 私が-彼らを-見る(他動詞)(2c) ni-mic-itta 「私はおまえを見る」 私が-君を-見る(他動詞)(2d) *n-itta 「私は見る」 私が-見る(他動詞)
  • 12. 2. 動詞における項の「省略」
  • 13. 2.1 概要: 動詞における項の「省略」主語・目的語が動詞の人称接辞で標示されるため、動詞が単独で文として成立する(明示的なNPは非義務的)独立形代名詞や full NP が明示的に現れる場合でも、動詞の人称マーカーは省略されない(3a) ti-ne:č-kokolia おまえが-私を-憎む 「おまえは私を憎んでいる」(3b) … in ne’ te’wa:λ močipa ti-ne:č-kokolia ... IN 私 おまえ いつも おまえが-私を-憎む 「おまえは私をいつも憎んでいる」
  • 14. 2.2 似た現象: イタリア語・ スペイン語タイプのpro-dropスペイン語 (4a) (Yo) manej-o el carro. 私 運転する-1sg the 車 「私は車を運転する」 (4b) (Tú) manej-as el carro. おまえ 運転する-2sg the 車 「おまえは車を運転する」 (4c) (Él / ella) manej-a el carro. 彼/彼女 運転する-3sg the 車 「彼は車を運転する」
  • 15. 2.3 Implied definiteness (1)三人称で明示的主語が現れない場合、主語は定・特定解釈(Generic・impersonal の読みは不可能)スペイン語(5a) Alguién manej-a el carro. 誰か 運転する-3sg the 車 「誰かが車を運転する」(5b) Nadie manej-a el carro. nobody 運転する-3sg the 車 「誰も車を運転しない」(5c) Manej-a el carro. 「彼は車を運転する」/「*誰かが・人が車を運転する」
  • 16. 2.3 Implied definiteness (2)古典ナワトル語でも同様(主語・目的語とも)(6a) aw intla: aka’ Ø-k-a:nas-neki … そして もし 誰か 3sgS-3sgO-捕まえ-たい 「そして、もし誰かがそれを捕まえたいと思っても…」(6b) aya:k Ø-ki-yo:koya aya:k Ø-k-e:lleltia nobody 3sgS-3sgO-想像する nobody 3sgS-3sgO-邪魔する 「誰もそれを想像せず、誰もそれを邪魔しない」(6c) kil Ø-ki-či:w in okλi と言われている 3sgS-3sgO-作った IN 酒 「彼(酒の神)こそが酒を作ったのだといわれている」 (おそらく「*誰かが/人が酒を作った…」 読みはNG)そこに「三人称主語」はあるのか?: impersonal verb, etc.
  • 17. 2.3 Implied definiteness (3) そこに三人称主語はあるのか?接辞がゼロなら一・二人称解釈は不可能Impersonal verb、weather verb などのゼロ接辞は同様に解釈できるか?
  • 18. 2.4 共通点人称標示が常に義務的– NP項が現れる場合も動詞の人称標示は脱落しない– 人称標示の有無がNP項の指示性に左右されない (疑問詞・否定代名詞・不定名詞句 etc.)Implied definiteness– NP項が現れない場合、(三人称の)空の項は必ず definite の人称代名詞として解釈される
  • 19. 2.5 古典的なpro-dropの分析 (1) Rizzi (1982) etc. 項が本来現れるべき位置に音形のない不完全な 代名詞 pro を想定 (cf. Extended Projection Principle)(8) pro manej-a el carro. 運転する-3sg 冠詞 車 「彼/彼女は車を運転する」
  • 20. 2.5 古典的なpro-dropの分析 (2)一見つじつま合わせの強引な説明に見えるが…pro は主語位置を占め、意味役割を担う– 「明示的な代名詞がなくても代名詞主語がある場合と 似た意味になる」ことがとらえられるpro は人称などの素性が未指定– 「主語が明示されない場合、動詞の活用によって主語 の人称が recover される」ことがとらえられるpro が明示的NPと相補分布する– Implied definiteness を的確にとらえられる
  • 21. 2.6 古典ナワトル語への応用 (1)Baker (1996) による分析:– Polysynthetic languageのNP argumentは すべてadjunctである (Jelinek 1984)– Polysynthetic languageにおいては、英語や スペイン語で主語・目的語NPが占めるような 項位置は常に空 (pro) である– 妥当性のほどは不明
  • 22. 2.6 古典ナワトル語への応用 (2)(9a) 明示的なNP項がない場合:[ pro1 [ pro2 ti-ne:č-kokolia ]] 主語 pro 目的語 pro 君が-私を-憎む「君は私を憎んでいる」(9b) 明示的なNP項がある場合:ne’i te’wa:tlj [ pro1i [ pro2j ti-ne:č-kokolia ]]私 君 主語 pro 目的語 pro 君が-私を-憎む「君は私を憎んでいる」
  • 23. 2.6 古典ナワトル語への応用: 問題点スペイン語タイプとの共通性をどう説明する?– Implied definiteness– 明示的NPがある場合はnon-referentialも許される本当にNP項はA位置にあるのか?– cf. Role & Reference Grammarでも類似の分析できることなら空要素は想定したくない
  • 24. 2.7 近年の展開と課題: そこに pro はあるのか?Alexiadou & Anagnostopoulou (1998)動詞の活用それ自体を代名詞的と考える– 不定名詞句主語の説明は?– Polysynthetic language への応用は?Cf. “NP-add” (Launey 1994)
  • 25. 3. 名詞における人称標示
  • 26. 3.1 概要: 名詞における人称標示古典ナワトル語では、動詞だけでなく名詞にも義務的な人称標示現れる接辞は動詞の主語人称接辞と同じ(i.e. 三人称はゼロ)名詞述語だけでなく、項名詞にも義務的通言語的に珍しい現象であり、ナワトル語特有の問題
  • 27. 3.2 古典ナワトル語における名詞と動詞名詞と動詞の語彙的区別は明確– 名詞は所有者人称標示をもつ– 動詞は時制・アスペクト・ムードをもつナワトル語研究では、形容詞・後置詞は名詞扱いされることが多い
  • 28. 3.3 名詞における人称標示の例 (1)(10a) ni-me:ši’kaλ 「私はアステカ人だ/アステカ人である私」(10b) ti-me:ši’kaλ 「おまえはアステカ人だ/アステカ人であるおまえ」(10c) Ø-me:ši’kaλ 「彼・彼女はアステカ人だ/アステカ人」
  • 29. 3.3 名詞における人称標示の例 (2) 名詞述語における人称標示の例(11a) ka ni-towe:nyo: 実に 1sgS-ワステカ人 「私はワステカ人だ」(11c) inλa: Ø-nelli in am-me:ši’ka もし 3sgS-真実 IN 2plS-アステカ人 「もし、おまえたちがアステカ人である というのが本当なら…」
  • 30. 3.3 名詞における人称標示の例 (3) 項名詞における人称標示の例(12a) …ni-nočo:kilia in n-amoko:l in n-a:šaya:ka 1sgS-嘆く IN 1sgS-2plP.祖父 IN 1sgS-人名 「おまえたちの祖父である私、アシャヤカトル王は嘆く」(12b) ka nika:n t-onka’ in ti-nopilcin… 実に ここ 2sgS-存在する IN 2sgS-1sgP.子供 「私の子供(…)であるおまえは、今ここにいる」
  • 31. 3.3 名詞における人称標示の例 (4) 現在・現実の述定関係を含意しない例 (過去・未来・願望・命令)(13a) ni-te:lpo:čλi ni-noči:wa 1sgS-若者 1sgS-なる 「私は若者になる」
  • 32. 3.4 名詞の人称標示の性質: まとめ動詞の主語人称接辞と同じ接頭辞– 三人称はゼロ項名詞にも名詞述語にも義務的に起こる名詞が単独で述定節を作ることもある現在・現実の述定関係がなくても起こる
  • 33. 3.5 Andrewsによる解釈Andrews (2003): 古典ナワトル語では、すべての名詞・動詞は「節」 (“nuclear clause”) – “Omniclausality”(本発表の造語) Nuclear clauseには主語部と述語部がある – 人称接辞は拘束形代名詞 語どうしはcross-referenceにより結合している 古典ナワトル語では「語」「名詞」などの概念は 分析上有効ではない
  • 34. 3.5 Andrewsによる解釈(例1)※Andrews (2003) の分析を簡略化したバージョン(15) ni-no-čo:kilia in n-amo-ko:l 1sgS-reflO-嘆く IN 1sgS-2plP-祖父 私は嘆く IN 私はおまえたちの祖父だ Supplementation ni- -nočo:kilia n- -amoko:l 1sgS 嘆く 1sgS おまえたちの祖父Principal nuclear clause Supplementary nuclear clause
  • 35. 3.5 Andrewsによる解釈(例2) Principal clauseの主語や項名詞が三人称の場合 多くの空要素が必要になるが、それだけの利点はあるか? (16) Ø-españoles Ø-ki-wa:lla:sa’ in Ø-teposmiλ 3plS-スペイン人たち 3plS-3sgO-こちらに投げる IN 3sgS-金属の矢 「スペイン人たちは金属の矢を撃ってくる」 Supplementation SupplementationØ- -スペイン人たち Ø- ki- -こちらに投げる Ø- -金属の矢 Principal nuclear clause
  • 36. 3.5 Omniclausality仮説の問題点 煩雑になってしまう 三人称名詞句: そこにゼロはあるのか? どこまでゼロはあるのか?– 副詞・後置詞 etc. 他言語との並行性をどうとらえるか?
  • 37. 3.6 名詞の人称標示とpro(17) a. nitowe:nyo: b. pro[1sg] nitowe:nyo: 「私はワステカ人だ」(18) a. ninočo:kilia in namoko:l b. [pro[1sg] ninočo:kilia] in [pro[1sg] pro[2pl] namoko:l] 「お前たちの祖父である私は嘆く」
  • 38. 4 まとめ動詞における項の「省略」– 三人称主語はあるのか?– proはあるのか?名詞における人称標示– 三人称主語はあるのか?– どこまで三人称主語があるのか?– proはあるのか?
  • 39. 5 近年の一般言語学的展開と展望Polysynthetic languageの類型論的研究Role & Reference Grammarの精緻化Minimalist Program– proの使用の制限– 一致素性の意味的側面の再評価Predicationに関する研究空主語の類型論
  • 40. 勉強会・研究会Ustream配信の試みTwiFULL(Twitter自由言語大学) Wiki: http://bit.ly/TwiFULL – Twitterを中心に言語学系勉強会を開催、Ustream配信 – Twitterを利用したリアルタイムの質問・議論 – 参加者・発表者随時募集中! オノマトペ友の会+TwiFULL • 明日 7/22 (木)14:00~ • 東京大学本郷キャンパス 教育学研究科講義室158 • 詳細は上記Wikiで! TwiFULL SLiM • 北海道大学で院生を中心に隔月で勉強会を配信中(次回: 7/31)