創グ
成リ
科1、、す 、
子イ
宙、ン气ーゴー
ス
攻
フ一
厶
クリーンシステム創成科学専攻とは
区.専衷では、牡会の持経射発展を支える科学技徳を
創成すること寺目標としています
具休齢にば、次世武エネルキーシステムと
先端撥百獣勿質呑創出...
何
力
新
し
し、
の
か
砂ノー/システム創成科学専攻
が目指すもの
藤山寛教授 X
対談
の
コラス・カークランド助教
、
颪山寛枚授 異崎六学大学醗工学研究科グリ、ンシステム劃成科学専敢長、工学請士。1977卑九州大学
助手、1982年...
石'
r^
し
て
の
^
^
^
イ
貝
質
と
は
、
゛
四.
フブリーンシステム創成科学専攻
か目指すもの
^
藤山寛数授
、
ニコラス・カークフント助教
、
F I 、
と
、^
で
、弔
、
と
すの
るネ,
こ
れ
か
ら
学
は...
エネルギー創出を電気工才、ルギーと水素エネルギーの側面力喝
考えると、発電・書電技術の開鼻と共に水乗の発生や貯蔵・還
元反応といった水素資源に朋する叢術革新が必要になfはす
私たちは分子レベルにおいて炭素や水素の結合をどう変えるか
といった北学...
担当と研空内容
次世代エネルキーシステム創成コース
薪究内客數員宅
植木弘信數授液体微粒北過程の解
累川不二雄教授
才本明秀
樋口剛
スマートグリーンパワーエレケトロニクス回路の岡発
教授
惑口勇
桜合材料汲び生体における損侍と破埴の僻析
教授...
of 5

Nagasaki University - Green System Brochure (Japanese)

Published on: Mar 3, 2016
Source: www.slideshare.net


Transcripts - Nagasaki University - Green System Brochure (Japanese)

  • 1. 創グ 成リ 科1、、す 、 子イ 宙、ン气ーゴー ス 攻 フ一 厶 クリーンシステム創成科学専攻とは 区.専衷では、牡会の持経射発展を支える科学技徳を 創成すること寺目標としています 具休齢にば、次世武エネルキーシステムと 先端撥百獣勿質呑創出する分野においマ、 先導就に后躍てきる卓越し大研究者になるよう 孜音・研究吾行います 在学排問中、経済的支援や海引研修の機会も提供します 長 崎 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 課 程 ( 1 一
  • 2. 何 力 新 し し、 の か 砂ノー/システム創成科学専攻 が目指すもの 藤山寛教授 X 対談 の コラス・カークランド助教 、 颪山寛枚授 異崎六学大学醗工学研究科グリ、ンシステム劃成科学専敢長、工学請士。1977卑九州大学 助手、1982年長崎大学助教授、1987年長崎丈学工学部教樫、2004年同大学屍敢授、掬丑 岐TL0取押牲生達科学系部門長蒙務2007年長嫡大学牧青研究肝師口専門はプラズ マ理工学、プラズマ応用応用物理学会背任理車・九州支母長、ブラズマ・1直融合学会副金 丑・九州・山口・沖糾主部呈、ブラズマ嬰面工学アジア会屋副虚墨、米国物理学会気体脅子工 学国嗣会詣アシア代喪実行委異などを雁任科学菰術庁畏官(注目発明)、日本学術振翼 会プラズマ材馴科学基碇豁f『嘗応用物理学会フェロー、プラズマ・怯融含学会賃献質 などを墨背趣味.川約'ゴ凡フス寺一、ショギンゲ 墨崎丈学大学院工争奇究訓グリーンシユテム劇成科学専敢肋敏に2012年1 月贅任したぱかり.2003穿タンザニアで国醒バカロレア資格、2007鼻英国 グーラム六学で惚士号、20"年ニュージ』ランドのカンタベノー大学でPh.D 竃取窃.オーストラリアのモナシュ大学助手を遅τ丑岫ヘ。専1 は電凱イヒ学・生 件材料。趣味:世界焦行、斬しい食ペ物ヘの挑戦、テニユ、魚釣り、ビール Nicholas K11k and 肋教 (ニコラスカーケラント助教 力 藤 山 ( 以 下 F ) 一 ハ イ 、 ニ ッ ク ! 長 崎 ヘ そ し て 長 崎 大 学 ヘ よ う こ そ 新 し い グ リ ー ン シ ス テ ム 創 成 科 学 専 攻 の 素 晴 ら し い 研 究 教 育 シ ス テ ム を 緒 に 作 っ て い き ま し ょ う 。 お ぉ い に 期 待 し て い ま す よ 。 と こ ろ で 、 長 崎 の 印 象 は い か が で す か ? ・ カ ク ラ ン ド ( 以 下 K ) 一 温 か い 歓 迎 を 有 難 、 つ ご ざ い ま す 、 藤 山 先 生 ! 美 し い 長 崎 に 住 め て 、 日 本 の 文 化 や 人 々 を 知 る こ と が で き る と 思 う と ワ ク ワ ク し て い ま す 。 幸 運 に も 以 前 に 3 度 日 本 を 訪 れ る こ と が で き 、 長 崎 に は 面 接 で 来 て 、 つ い で に 毎 日 探 検 し て い ま し た そ の と き に は 、 長 崎 の 歴 史 が ど れ ほ ど す ご い か 、 市 民 の 皆 さ ん が い か に フ レ ン ド リ ー な の か 実 感 で き な か っ た の で す が 、 A は こ こ で 働 け る こ と 、 多 く の 日 本 の 友 達 が 得 ら れ る こ と 、 日 本 語 を 勉 強 で き る こ と 、 そ し て 美 し い 九 州 を 探 訪 で き る こ と を 、 と て も 幸 せ だ と 思 っ て い ま す よ ク ノ ー ン シ ス ブ ム 対 象 と す る も の K " 先 生 、 こ の グ リ ー ン シ ス テ ム 創 成 科 学 専 攻 を 作 ら れ た の は ど の よ う な 目 酌 か ら で す か ? 特 徴 は ? 何 を 目 指 し て い ま す か ? 非 常 に 興 昧 深 い 多 く の 分 野 を 専 門 と す る 教 授 集 団 で す よ ね 。 F 一 環 境 に 配 慮 し た 持 続 可 能 な エ ネ ル ギ ー シ ス テ ム や 先 端 機 能 材 料 の 分 野 で 、 世 界 で 活 躍 で き る 大 学 や 研 究 所 の 研 究 者 を 餐 成 す る の が こ の 専 攻 の 設 立 目 的 で す そ れ に は 国 際 的 な セ ン ス 、 英 語 力 、 幅 広 い 分 野 の 知 識 が 必 要 で す 。 国 際 会 讃 に 出 席 す る と 、 自 分 の 発 表 に 汲 々 と し て い て 余 裕 が な い 研 究 者 が 多 い と 感 じ て い ま す 。 発 表 以 外 に 、 も っ と 外 国 人 の 友 人 を た く さ ん 作 る 努 力 が 必 要 で す ね 。 私 の 場 合 国 際 学 会 の い ろ い ろ な 委 員 を 務 め て き ま し た が 、 基 本 的 に コ ミ ユ ニ ケ ー シ ョ ン カ が 交 渉 の 原 動 力 に な り ま す 。 特 に 英 語 力 は 本 当 に 必 要 で す ね 。 そ の よ う な 経 験 か ら 、 海 外 で も 活 躍 で き る 国 際 的 な 研 究 者 を 青 て た い と 思 っ て い る の で す 。 つ ま り 、 優 れ た 後 継 者 養 成 と 言 っ て も い い か な 。 そ の た め に は 、 海 夕 1 の 優 れ た 研 究 者 を 長 崎 に お 招 き し て 講 義 を 受 け る こ と 、 海 外 の 研 究 棲 関 ヘ の 留 学 を 支 援 す る こ と 、 そ し て ニ ッ ク の よ う な ネ イ テ ィ ブ の 研 究 者 と 日 々 接 す る こ と で 国 際 感 覚 を 磨 く だ 吋 で な く 、 英 需 文 を い た リ 、 国 際 会 議 で の プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン が で き る 能 力 を 身 に つ け さ せ た い と 毒 え て い ま す 。 特 に 、 東 日 本 大 震 災 以 後 の 原 発 依 存 社 会 か ら の 脱 却 再 生 可 能 エ ネ ル ギ ー 推 術 に ょ る 沫 兼 社 会 の 探 柔 な ど 、 汝 世 代 エ ネ ル ギ ー シ ス デ ム と こ れ に 関 連 し た 洗 端 桜 能 物 質 の 開 範 と い っ た 重 要 な 課 題 が 山 チ し て い ま す 9 ク リ ー ン エ 、 ネ ル ギ ー の 発 生 , 有 効 利 用 、 デ バ イ ス ・ 材 料 開 発 の 領 域 全 体 を 見 渡 せ る 広 い 視 野 を 持 つ 研 究 者 を 育 て た い も の で す ね 。 二 ク リ ー ン 、 ン ス テ ム K 一 こ の グ ー ノ ー ン シ ス テ ム 創 成 科 学 真 攻 の 特 徴 ば 可 で す か ? - 5 年 一 貫 の 広 い 視 野 を 有 す る 愽 士 靭 究 者 育 成 プ ロ グ ラ ム に 特 徴 が あ り ま す 。 応 用 物 理 学 、 機 械 工 学 、 電 気 電 子 工 学 化 学 、 材 料 工 学 等 の い ず れ か の 分 野 で 高 い 学 士 力 を 有 し 、 特 定 の 分 野 の 知 識 ・ 理 解 に と ど ま ら 、 す 広 範 な 分 野 に わ た る グ リ ー ン 、 ソ ス テ ム 科 学 に 関 す る 知 識 を 吸 収 し 、 理 解 し よ う と す る 姿 勢 と そ の 能 力 を 有 す る と と も に 、 将 来 国 際 的 ア カ デ ミ ア で 活 耀 す る 研 空 者 と な る た め に 必 要 な 髞 題 季 見 ・ 探 求 能 力 、 靭 究 計 画 ・ マ ネ ー ジ メ ン ト 能 力 等 に 関 す る 基 本 的 な 素 養 及 び 適 性 を 有 す る 人 材 を 養 成 し た い と 考 え て い ま す そ の た め に は 、 社 会 の 持 続 的 な 讐 展 に 寄 与 す る エ ネ ル キ ー の 巽 生 . 有 効 利 用 、 こ れ に 関 連 し た デ バ イ ス ・ シ ス テ ム 、 高 機 俳 物 質 等 に 閏 す る 分 腎 で の 洗 違 前 靭 空 を 展 閉 で き る 深 い 専 門 知 識 と 高 度 専 門 技 術 に 加 え て 、 国 際 的 に 活 躍 で き る 国 際 性 ( 英 語 コ ミ ユ ニ ケ ー シ ョ ン カ 、 英 需 文 作 成 力 ) 、 研 究 者 と し て の 実 践 研 究 能 力 ( ク ロ バ ル な 先 進 性 研 究 企 画 力 、 研 究 遂 行 力 、 研 究 指 道 力 ) を 身 に つ け る こ と が 重 雲 で す 。 一 一 ツ ク に は 後 者 の 国 際 教 育 を お 願 い レ た い の で す 。 グ リ ー / シ ス 、 ム ﹂ 将 来 K . グ リ ー ン 、 γ ス テ ム 倉 成 科 学 専 攻 の 将 来 性 は ? ・ 一 床 旧 本 二 大 震 災 以 後 の 脱 原 発 社 会 ヘ の 希 求 が 世 界 規 模 で 始 ま っ て い ま す 。 ま た 、 地 球 温 暖 化 対 策 と し て の 脱 カ ー ボ ン 社 会 ヘ の 取 り 組 み も 閉 ざ し て は な ら な い で し ょ 、 つ グ リ ー ン シ ス テ ム は 、 社 会 の 持 続 的 な 発 展 に 寄 与 す る ソ フ ト エ 、 不 ル ギ ー 、 グ リ ー ン エ ネ ル ギ ー に 関 し て 高 効 率 先 端 技 術 を 有 す る 日 本 が 世 界 を リ ー ド t る 形 で 取 り 組 む べ き 分 野 で あ り 、 そ の 責 任 が あ る と 考 え て い ま す 。 そ の た め 、 長 崎 大 学 は グ リ ー ン シ ス テ ム の 分 野 で も 世 界 を 先 導 す る 研 究 教 育 を 目 指 し て い ま す
  • 3. 石' r^ し て の ^ ^ ^ イ 貝 質 と は 、 ゛ 四. フブリーンシステム創成科学専攻 か目指すもの ^ 藤山寛数授 、 ニコラス・カークフント助教 、 F I 、 と 、^ で 、弔 、 と すの るネ, こ れ か ら 学 は 何 で あ る と 考 え て い ま す か ? ・ K 一 そ れ は エ ネ ル ギ で は な い で し ょ う か 干 不 ル ギ ー は 我 々 が 何 を す る に も 決 定 的 に 重 要 で す の で 、 再 生 可 能 で 信 頼 で き る 工 、 不 ル ギ ー 源 を 得 る た め に 最 大 の 努 力 を す る こ と が 非 常 に 重 要 だ と 思 い ま す 。 そ の た め に 、 我 々 は 自 分 の 国 以 外 の 人 々 に 与 え る 環 境 や イ ン 。 ハ ケ ト を 含 む 多 く の こ と を 考 慮 し な け れ ば な ら な い と 思 い ま す ま さ に ひ と つ の 世 界 、 ひ と つ の 人 種 な の で 、 家 族 の よ う に 考 え る こ と が 必 要 で な , - 0 し ぱ し ば 人 は 何 力 問 題 が 起 き 云 が 工 学 ニ ッ ク 、 こ れ か 、 自 . 、 、 ら の 研 究 者 や 先 導 的 エ ン ジ 一 テ に 要 求 さ れ る 資 質 や 能 力 は 何 だ と ぎ ぇ て い ま す か ? K 一 イ ン 一 プ リ ジ エ ン ス ば 非 常 に 大 切 て t が 、 そ れ だ け で ぱ 十 分 で は あ り ま せ ん よ い ニ ン ジ 一 テ よ 問 題 を 見 つ ナ る こ と が で き 、 そ れ を 解 決 t る た め の 最 善 の 方 法 を 見 出 し 、 そ し て 遂 行 t る こ と が で き る 。 自 分 に は 問 題 解 決 能 力 こ そ 工 学 の 真 傑 と 思 え ま す 。 工 学 で ニ キ ↓ ナ イ テ ィ ン グ か つ チ ャ レ ン ジ ン グ な こ と ぱ 、 特 に グ リ ー ン シ ス テ ム に 関 t る 工 学 で は な い で し ょ う か な ぜ な ら 、 多 く の 臭 な る タ イ プ の 問 題 が 商 り 、 そ れ を 解 決 す る に は 異 な る 技 量 が 必 要 と さ 九 ま t か ら ね だ か ら 、 よ い 技 術 者 研 究 者 と い う の は 独 立 し て い る べ き で 中 が 、 そ れ だ け で は 駄 目 で 、 問 趣 を 解 決 t る た め に 詞 僚 や 友 人 の 技 量 寒 焼 力 を 吏 う こ と が で き な け れ ぱ せ ん 私 カ ミ 理 ' 相 山 と す る エ ン 、 フ ニ ア は 、 た だ 数 ' サ 、 乢 に 仕 事 を す る だ け で な く 、 難 し い 挑 戦 に チ ャ レ ン ジ す る の が 好 き な 人 を 思 い や る こ と が で き る 人 で す 囲 難 な 問 題 を 解 決 で き た と き の 満 足 感 は 本 当 に い い も の で t よ ね F - 、 つ ー ん 、 全 く 同 感 だ ね 流 祈 り の ト ピ ッ ク ス に 飛 び つ く 研 究 者 は あ ま り 感 心 し な い な あ 私 は 、 夫 多 考 文 献 の な い 研 究 テ ー マ こ そ や り が い が あ る と 思 っ て こ れ ま で や っ て 来 た か ら ね そ れ と 、 仕 事 し か 興 味 が な い 、 仕 事 し か で き な い 人 は ど う か な あ 。 仕 事 は 一 流 、 趣 味 は 超 流 で あ れ 、 と い つ も 学 些 に は 一 言 っ て い る よ 。 や は り 、 人 些 は 楽 し ま な く ち ゃ 。 そ う い 、 つ 人 は 仕 事 で も 光 っ て い る よ 。 チ / ジ 一 デ の き と は る ま で 何 も 変 え よ う と し な い の で す が 、 こ と エ ネ ル る 前 に 新 工 、 不 ル ギ ー を 開 発 あ る い は 改 善 し て お か な け れ ば な ら な い と 考 え ま す そ し て 、 こ れ は 私 に と っ て は で す が 、 日 本 雫 の コ ミ ユ 一 一 ケ ー シ ョ ン も 大 変 重 要 で す ( 笑 ) 藤 山 先 生 は ど の よ 、 ? に 考 え ら れ ま す か ? ・ F 一 経 験 を 積 ん て 初 め て わ か る こ と だ け ど 、 や は り 、 世 界 は ひ と つ と い 、 つ グ ロ ー バ ル な 考 え 方 が ま ず は 大 切 か な 。 宇 宙 か ら 見 れ ぱ 地 球 は 小 さ く て ひ と つ な ん だ か ら 。 そ れ は 当 焚 け れ ど 、 い ろ い ろ 時 間 的 に も 空 間 前 に も 視 野 が 広 が る と 、 よ り 高 い と こ ろ か ら 物 事 を 観 る こ と が で き る よ う に な る 。 そ の た め に 、 人 は 勉 強 し て 知 識 を 身 に つ け な け れ ば い け な い し 、 糸 至 験 を 重 ね て い か な け れ ぱ な ら な い と 思 う よ 。 自 分 の 国 だ け で な く 地 球 全 体 で ニ ネ ル ギ や 環 境 を 老 え て い く の は こ れ か ら の 教 麦 人 、 知 識 人 の 常 識 と な る で し ょ う 。 る 究 Ξ ヨ フ ス と 国 際 感 覚 F 一 一 一 ノ ク は 、 長 鮪 に 住 む よ , つ に な る ま で ど こ で 暮 ら し て い た の で t か ? K 一 宴 林 弔 林 多 く の 国 こ 住 t こ と ガ で き 夫 曇 運 む 易 な の マ オ よ 米 国 の ヴ ァ ジ 一 〒 州 で 生 ま れ ま し た が 、 生 ま れ て 数 ケ 月 で ア フ り 力 の ガ ー ナ に 疹 り 、 そ こ で 4 年 。 そ の 後 イ ン ド に 4 年 、 ケ 一 一 ア に 5 年 、 そ し て ま た ヴ ァ ー ジ ニ ア に 戻 っ て 3 年 、 モ れ か ら タ ン ザ ニ ア に 2 年 い τ 、 そ こ で 高 較 を 卒 業 し ま し た 。 そ の 後 、 英 図 の ダ ︻ ラ ム 大 学 に 入 り 、 綴 営 デ ザ イ ン エ 学 の 伽 士 号 を 敢 得 し え の で オ 。 そ し τ 季 遅 に も 2 0 0 7 年 に 奨 学 余 を 得 て 一 工 ー ジ ー ラ ン ド の ク ラ イ ス ト チ 小 チ に 一 ニ ッ ク 、 君 の 教 員 と し て の 夢 ま た 研 究 者 と し て の 夢 は 何 で す か ? K 一 私 は 世 界 が 直 面 し て い る 多 く の 問 題 に 対 す る 新 し い 解 決 法 を 提 案 す る た め に 六 学 で 働 き た い と 思 っ て い ま す 。 多 く の 興 味 深 い 分 野 が あ + 、 や る べ き こ と が た く さ ん あ り ま す 。 大 学 は 優 れ た 人 に 囲 ま れ て 興 味 の あ る こ と を 探 求 で き る 非 常 こ よ い 環 境 で す 。 F . そ の 通 り だ ね 、 大 学 と い う 恵 ま れ た 環 境 で 人 々 の 役 に 立 つ 研 究 が で き る こ と は 本 当 に 幸 せ だ ね 。 K 一 ま た 、 私 は 学 生 が 自 分 の 英 語 力 や プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン 能 力 を 向 上 さ せ る の を ア シ ス ト で き る こ と を 期 待 し て い ま す 将 来 い つ か は 自 分 の 能 力 や 知 識 を 使 っ て 会 社 を 作 り 、 大 学 と 協 力 し な が ら 溌 展 途 上 国 、 特 あ る カ ン タ ベ リ 大 学 で 博 士 号 を 取 得 し ま し た 。 そ , ﹂ で は 人 工 骨 の た め の 新 し い 生 体 ゛ 料 の 研 究 を し て い ま し た 。 そ の 後 オ ー ス ト ラ リ ア の メ ル ボ ル ン に あ る モ ナ シ ユ 大 学 で 電 気 化 学 , 材 料 に 関 t る 研 究 を し て い ま し た 長 薗 大 学 の 牡 事 に 応 募 し た あ と 、 粟 南 ア シ ア を 3 ケ 月 ば か " 航 行 し τ 、 そ し マ 今 、 こ こ 長 岫 二 い る と い う わ 廿 で す 。 戸 一 こ れ は ま い っ た ね え ! す ご い 経 歴 だ 。 日 本 が 9 ケ 国 目 で す か 。 K 一 先 生 の 外 国 体 験 は い か が で t か ? F 一 私 も 国 際 会 議 な ど で 毎 年 多 く の 国 を 訪 問 し て い ま す が 、 住 ん だ の は ス ィ ス の 口 ー ザ ン ヌ { こ 1 年 、 米 国 コ ロ ラ ド に ー ケ 月 、 ド イ ツ の ハ イ デ ル ベ ル グ に 2 ケ 月 だ け で す よ 。 し か し 、 そ の 1 卑 が 、 私 こ と っ τ は 大 き な 転 機 て し た ね ゆ っ た り し た 時 問 が 流 れ る 美 し い ス ィ ス 、 冬 は パ ウ ダ ー ス ノ ー の ス キ ー 、 ま っ た く 驚 く ほ ど 環 境 を 大 切 に し て い る 国 で し た 。 な に し ろ 観 光 収 入 が G D P の 3 分 の ー を 占 め る 国 で す か ら 、 花 に 溢 れ た 街 並 み の 統 一 性 、 山 岳 地 方 の 自 然 保 護 に は 徹 底 的 に 気 を 配 う て い ま オ 。 自 然 を 壊 す 水 力 磊 電 よ り 街 中 の 原 子 力 溌 電 を 選 ん だ 国 で す か ら ね 。 ヨ ー ロ ッ パ に 住 ん で み マ 感 じ え こ と は 、 自 分 が ア ジ ア 人 で あ る と い 、 つ こ と か な 。 日 本 人 、 中 国 人 、 韓 国 人 な ど 、 ち ょ つ と 見 た だ け で は 区 別 が つ か な い の で 、 白 人 、 黒 人 、 ア ジ ア 人 と い う 分 類 だ っ た な 轟 。 ニ ッ ケ の よ う に 、 世 界 は ひ と つ 、 人 種 も ひ と つ と い う よ う に は 当 時 は 考 え ら れ な く て 、 . ﹁ 日 本 人 と し て 頑 張 ら な き ゃ ﹂ と い ・ つ 盛 じ だ っ た よ 。 ニ ッ ク の 国 際 感 覚 に は ま う た く 感 心 オ よ 。 ニ ッ ウ 、 郵 く の 国 に 住 ん で み . 、 想 は い 力 が で す か ? 君 の 人 生 に 影 を 与 え た こ と は 何 で し ょ う ? K 一 最 も 垂 要 な こ と は そ の 国 の 人 々 や 文 化 に 適 応 す る こ と に 全 力 を 尽 く す こ と だ と 考 え τ い ま す 。 自 分 の 国 の 遣 産 や 文 化 を { 寸 る こ と 雌 重 要 で す が 、 現 地 の 文 北 や 言 葉 や ラ イ フ ス タ イ ル を 受 け λ れ る こ と も メ 物 マ オ 。 自 分 ガ 誓 通 と 思 っ マ V る こ と が 覗 地 の A に は 書 通 で は な い か も 知 れ な い 。 そ ん な 、 彼 ら の 、 国 に 住 ん で い る ん だ と い つ も 自 分 に 言 い 聞 か せ て い ま ず 。 例 え 奇 妙 あ る い は 見 れ な い と 感 じ て も 、 新 し い 国 の 歴 史 や 社 会 的 変 動 に 敬 を 払 う こ と が 大 変 重 要 で す 例 え . は 、 私 が 住 ん だ ほ と ん ど の 国 で 行 わ な い , お じ ぎ . で す が 、 そ れ ガ 相 手 に 敬 . を 払 う こ と 、 牡 会 梢 成 上 重 蔓 で 青 る こ と ガ わ か り ま し た で す か ら 、 私 も そ の を 畳 け λ れ 同 じ よ う に お じ ぎ = に ア フ り 力 の 貧 し い 人 々 の た め に 、 持 続 可 能 で 地 域 の 環 境 に 優 し い エ ネ ル キ ー ( グ ノ ー ン エ ネ ル ギ ー ) に 関 t る 解 決 策 を 発 展 さ せ た い と 願 っ て い ま す 。 そ う 思 、 ? の は 、 我 々 が 持 っ て い る 能 力 を 活 用 し 、 也 の 人 び と を 助 ﹁ る の が 我 々 人 問 の 義 務 と 感 じ て い る か ら で す 。 腺 山 先 佳 は ど の よ う 二 お 考 え で す か ? F 一 私 は 如 年 も の 問 、 大 学 で プ ラ ス マ 応 用 の 研 究 を し て ぎ ま し た が 、 研 究 は こ れ で い い と い う は っ き り と し た ゴ ー ル が 見 え な い も の だ と 感 じ て い ま す 。 研 究 の ゴ ー ル の 設 定 が で き れ ば 研 究 者 と し て だ け で な く 教 育 者 と し て も 一 流 と 言 え る で し ょ う 。 ニ ッ ク の 一 百 う よ う に 自 分 の 力 で 世 界 の 人 び と を 幸 せ に で き る 技 術 開 発 が で き れ ぱ そ れ は も ち ろ ん 量 高 の 仕 事 と 思 い ま す 。 そ の た め に は 、 を し て い ま す 。 こ の こ と に ょ っ て 私 は 次 第 に 、 日 本 人 に 自 分 の 国 の 良 い 印 象 を 与 え ら れ る こ と を 望 ん で い ま t 。 ま た 食 ベ 物 も 斬 し い 文 化 の 驚 く ほ ど 重 要 な 要 素 で す ね 。 少 な く と も 提 供 さ れ る す ペ τ の 食 ベ 物 を 2 回 林 昧 わ 、 つ こ と に ト ラ イ し な け れ ' な j ま ゼ ん 。 部 分 m 二 で も い い の τ 食 パ 物 を 変 え る こ と が 、 新 し い 国 に 馴 染 む 垂 裳 な ス テ ッ プ に な り ま す い つ か 、 日 本 人 の 左 人 と 同 横 に 、 大 好 物 の お 好 み 燒 ぎ や 皿 う ど ん 、 ラ ー メ ン な ど を 作 れ る よ う に な り た い も の で 古 。 ( 笑 ︺ F 一 食 ベ 物 は 州 国 ら し で { 確 か に 垂 要 で す ね 何 か 困 っ た こ と は 商 り ま し た か ? K 一 ほ と ん ど が 良 い 経 験 で し た ね 数 年 ご と に 住 む 国 を 疫 え る こ と は 、 友 人 と 別 れ な け れ ぱ な ら な い な ど 確 か に ハ ー ド で す が 、 一 方 で は 新 し い 友 人 を 保 る こ と が で き る の で す 。 こ れ は 形 を 変 え た 福 音 で 中 。 自 分 に 快 適 な . ソ ー ン や 友 人 の サ ー ク ル か ら 隆 れ る こ と に よ っ て 、 オ ー プ ン な 気 持 ち で 預 極 的 に 新 し い 左 人 を 得 る こ と が で き る よ う に な り ま す 。 左 人 を 作 る こ と や A 脈 形 成 は ど ん な 士 亭 を オ る に も 、 ま た 人 生 に も 重 要 で 壮 会 生 活 を 豊 か に し て く れ ま す 。 斬 し い 国 で 新 し い 友 人 を 作 る こ と に チ ャ レ ン ジ す る の は 、 人 生 を 成 功 に く 大 の 方 法 だ と 思 い ま す 。 私 に と っ て そ れ 以 上 の 喜 び は あ り ま せ ん ね ー 大 学 で の 研 突 成 果 が 論 文 に な る だ け で は ダ メ で 、 開 発 し た モ ノ が 工 場 で 実 際 に 動 い て い る 、 役 立 っ τ い る こ と が 重 要 で す 。 工 学 は 人 と 自 然 を 糸 ' ふ 学 問 て あ り 、 人 々 の 役 に 立 っ て 初 め て 価 値 が 出 る の が 研 究 で す か ら ね 。 そ ん な 実 践 的 な 研 究 者 、 技 術 者 を 養 成 し え い も の で す ね 。 K 飯 山 先 生 の 毎 日 の 仕 事 は ど の よ う で す か ? 世 界 の 人 、 学 生 と ど の よ う に 関 わ り 論 文 を 哉 ん だ り 杏 い た り の 仕 事 を 進 め マ い る の で す か ? そ う で す ね 、 若 い 頃 は 研 究 を し て い れ ば 良 い と Y つ 毎 日 . で し た が 、 量 近 才 日 本 の 学 会 や 国 際 会 讃 を 運 営 す る 仕 事 や 研 究 を 評 価 す る 仕 事 が や え ま し た ね 。 そ の た め に 学 生 を 直 接 指 連 す る 時 問 が 少 な く な っ た の が 、 学 生 さ ん に は 申 し 訳 な い と 感 じ て い ま す 。 講 義 だ け で は 十 分 で は な く 、 や は J マ ン ツ ー マ ン で あ や こ れ や 誰 論 す る 時 司 が 絶 対 に 必 要 で す か ら ね 。 技 術 を 教 え の は 調 義 だ け で も い い か も レ れ ま せ ん が 、 研 究 者 あ る い は 人 問 と し て の あ る べ き 姿 を 教 え る の は そ れ ガ け て は 無 理 で 。 ゼ ミ ガ ナ で な く ス ポ ー ツ や 飲 み 会 で 一 緒 に 時 問 を 共 有 し な が ら 学 ん で い く も の な の で し ょ う ね 。 父 親 と 同 じ で す よ 。 ツ ク 、 優 れ た 博 士 靭 空 者 、 教 青 者 を 養 成 ず る た め の 先 駆 的 な 研 究 教 育 シ ス テ ム を 一 緒 に 作 J ま し ょ う 。 ど ぅ か 長 岫 で の 滞 土 を 意 義 で 楽 し い も の に し て く だ さ い ね ー ・ ギ ︼ に 関 し て は 問 題 が 起 き
  • 4. エネルギー創出を電気工才、ルギーと水素エネルギーの側面力喝 考えると、発電・書電技術の開鼻と共に水乗の発生や貯蔵・還 元反応といった水素資源に朋する叢術革新が必要になfはす 私たちは分子レベルにおいて炭素や水素の結合をどう変えるか といった北学変換技術や還元反応を活用した新しいエネルギー 創出を目指しています。 これまでフk棄分子を使っていた還元反応を、水素を用いない反 応ヘ展開したり、石油や詰渇燃料の代替エネルギーを、有機化 学的アプロー チによリ含成 する技術を研 究してぃま赦授木村正成〔きむらま帥明 す。そして最終的には、二酸化炭棄をイ吏って糖やでんぷんを作リ、食ベ物・食料を作るとい う栖物が自然界で行っている光合成を、より簡便な技術を使って人工的に司能にオる研 究にも挑戦します。 エネルギー開発につぃては、環境問題の視点からではなく、化学的変換技術の新しいブレ イクスルーとなるような、本質的な技術革新を自指しています。そのためには、やはり化学、 特に合成化学に軸を置い力人材の青成が大切。ただ単に細かい反応の開発に留まら ず、折しい技術を生み出し、世界的な開発慧争に麟てるような教苔者あるいは技術妻を育 てτいきたいと考えてぃ佳す 有棲化学は、いま一番織争が激しい分野のひとつです。学生の皆さんには、ケミカルから 電気、棲械といった幅広い分野を稲断的に勉強してもらいたいと思い三中。そうして初め て、誰にも思いつかないような発坦が育つであろうし、トータルのサイエンスとして見た時に 自分たちは今どの立ち位置にいるのかが見えてくると思L味オ。泓たち教授陣は、先端分 野で走リ回って新しV技術を作ってぃくというのが一番の負献学生の皆さんには世界釣 なトフプランナーとして活躍してもらいたいと思います 合成化子を基盤と するキ斤工万キ居出 字研売科5年一貫制博士課 グリーンシステム創成科学サ攻 人問活動、壮会活動は、いわばエネルギー変換活動でオ。俄々が 生活するためには当然エネルギーを消費しますし、そのためのエネ ルギーをどこかで竺み出して、利用しなけれはなりまゼん。特に、資 源に恵まれておらず、昨今の電力等のエネルギー問題樹包えた日 1 本においては、広い視野を持ってエネルギーを捉え、社会の持続 的発展に貢献本る技術朋発が六切で勘ることは言うまでもあEほ せん「グリーンシステム」に係る數育研究は広範囲に汲び、化学 的、物理帥な智点、力嶋新機桃や新刷料を創製し、それをデバイス 化、システム化しτ、有効左新技術創仙に結びつけることが望まれ ます偶えば、C02排出低減に配慮した高効率な蓄電デバイスや 新しいエネルキー資源等が開発され、それが次世代の自動車や工 ネルギー再生・回生などに役立ちグ'リーンイノベーションに繋がることが望含れ庄す。そのため に、工学のいろいろな分野の人が集まっτ、学際的な教省'酬究の逕携のもとで、広い視点を 持っ優秀な研究者を育て、慢れた キ 按術の創出を自指してぃます。この ような研究取リ組みのーつと スの鳥発 して、長崎大学の重点靭究課 題「次世代エネルギー物質科 学の基盤構築」や科学技術 牧授纛口勇[劃K岩いさむ】 振興機楕WST)の戰酷的創 造研究推進事業先端的低炭棄化技術開発{ALCA}のプロジェクト等を推進しています。 グリーンシステム創成科学専攻では、アカデミyクな分野で活雍する研究者を青成したいと考 えています。大学や研究所で活躍できるような最先蟷研究者です。また、次但代の研究・技術 開発を行っτ時代を先導できるようなトッブケラスの研究者を目指してもらいたいそのために は、専門的知誥,技術の修得に加えて、広い視点での物の捉え方ができ、さらに国際的な感 党が必要になります。専門研究俳力以上のプラスaの弄りを持って独創的な新しい技術を生 み出せる、そんな人材を育てて行きたいと考えています。 このような研突者育成のために、本専攻の学生に韓、奨励全等の俣遇支援を大学より頂け ることになっています。 社会の持続発展を支える科 グリーンエネルキーの発生・有効利用に 国際的に舌耀てきる先導帥研究者じね 本専攻に属する学生に対して、在学期間中、授葉料相当額以上 の軽済的根肋を行い、学案・研究に集中できる環境を提供します 電源の元となるエネルギー源として太陪電池や燃料電池などがあり ますが、妨率よくエネルギーを弓恬出すための変換方法と、もうひとつ は変換罫自体の効率曲な運用方法を研究してぃます。 いま、スマートグリッドとかスマートハウス、スマートコミユニティが話題 ですが、私たちはそのヰでも一呑身近な家やピルの中にある電力変 換器をいかにうまく結びつけて効牢よく使うか、いかにエネルギーを 使わずにロスを少なくして達用するか、という面から省エネを考えてぃ まオ。享た、スマートフォンの菩汲力巧もわかるように爆突的に増え穎 ける通信畳により、それをバッウアップするデータセンターの電源シス テムをどうするかという問題が持ち上がり、経産省が既に2008年か ら「グリーン1Tプロジエクト」を立 スマクら上げてぃます私もそのメンバ ーにλつて、たくさんエネルギー エクトロがいる時は全部動かし、使わな い時は電源を落とすという、「ア クティブエネルキーヤネージメン教授黒川不;二雄[くろかわふじお1 ト」という新しい考えに基づいた醐機応変な仕組みづくりを考えています。そういう電力変換器の 力がないと、コンピュータの仕牢を必要最小限のニンピュータに禦約して、その他は電源までも止 めるというところまでやる本当のケラウドコンピューティンゲは成り立ちません。そうぃうことを通じて、 自然ψ、リーン)力喝のエネルギーをエレケトロニクスを駆使して電力(パワー){こ変換しτ賢くスマ -H二)使い、自然とエネルキー牡会が共生できる"ひとつ先の風景"を創ろうとしてぃます グリーンシスデム創成科学専攻では、学生には実牡会の具体的な奉魚に対する問題意識を持ち つっ、学際的な領域でもしっかりした基礎を築いてもらいたいと考えてぃます。そうぃう意味では、 幅広く学ぷとともに、やはり尖った靭究もしなくてはなりません。また、海外での研究発表の機会を 増やしたり、3年次には海外の大学ヘ半年問、研空のために留学するシステムも組み1れτいま す。国際感覚を聾いつつ、世界で戰える研究者を脊τ、最終的には日本、できれぱ、ぜひ長崎に 残って頑張ってもらいたいですね。 早期に+分な実を畠げれぱ、早期修了も可能です 欠世代エオ R一R 威ブ 英語・国際 実践科目 ワ クスの夫現 子技術を創成する専攻です 係る休瞰的高度基礎知識を身につけた るための教育・研究か凖備されていきす 用意されている 次世代エネルギーシステム 倉成コ 研究者養成 実践科目 科目の4本柱 高度基礎 科目 アルコールなどのバイオマス燃料をディーゼルエンジンで有効 に使うという訊究をしτいます。エンジンは、燃料を効棄よく燃焼 させることが六事で、消費する燃料をなるべく少なくし、なおかつ キレイなガスを俳出するということが研究の内容です。将来、石 油が枯渇する、あるいは日太に石油が供給されなくなるかもしれ ないというりスクがある中、琵力閏係ではスマートヴリッドという 考え方も出てきました。エネルギー資源につぃても、地産地消で きるような仕組みが商れば、これまでとは違った世の中が出来 上がってくる可能性がありまオ。 グリーンエネルギーにっし、τ、私は機械工学的な見方をしτい ます。燃料をいかに効率よく使うことが出来るか、そのために物 f里現鼻の詳細を理解することからアプローチしています。現在のエネルギー問題において 埀要む位置を占岳ているのは発電であり、その発賀のためのエネルギー変換につぃても 研究が必要でt。化石燃料をイ吏ったり、あるいは夕ービンを回したりといった基本的な授 業もキ旦当しますし、エンジン本体についてもその一環としτ教えていきます。 ヱネルギー問題は、色々なものが複合的に絶み合っているため、例え解決の仕組みだけ できても、それにマッチする運用がなされないとそこでロスが生じます。本当に社会に役立 つ仕組みを作り上げ、システムとしてうまく機能させるには、各 専門分野が横断的に繋がってぃかなければなりませんし、境 界領域の研究も必要になうてくると思 います。グリーンシステム創成科学専 攻では、研究者を育てるという事を目 標にしてぃます。分野の枠を超えた横 断的な知識に基づいて新しい研究テ ーマを自らが開発し、その分野で世界 をりードしてぃけるような研究者を育て教授植二木弘信〔うえぎひろの、S司 たいですね。 れらの実践教育を通し グリーンイノベーションにかかわる物質創製からシステム閉まで 2つのコス 高効率コンバータ 先端技術 科目 先端機能物質 創製コース て、個々の研究を遂行 アカデミア、国立研究所、企業等の研究員やりーダーに! エネルギー変換制料 鉄料の ロカ斈燃焼を 目指して 口 王
  • 5. 担当と研空内容 次世代エネルキーシステム創成コース 薪究内客數員宅 植木弘信數授液体微粒北過程の解 累川不二雄教授 才本明秀 樋口剛 スマートグリーンパワーエレケトロニクス回路の岡発 教授 惑口勇 桜合材料汲び生体における損侍と破埴の僻析 教授 山下敬彦 レアアースレスモータ汲び風力発π用新型発貴機の問発 教授 六貝猛 ナノ構造制都による蓄電デバイス材料の開発 教授 ゑ村隆夫 エネルキー輸誥・愛換システムの信瓢性と純縁設計 准枚綬電新法を利用した機能性金属制料の創製 ニコラス・ カークランド助枚 先端橿能物質創製コース 研究内客載員名 ネ村正成數授高効隼有提合成反応の開発と機能性物質の革新的合成 助教 履修干テル 熱処エネルギー変拠村料の開溌と構造解析 電気イヒ学、バイオ・エネ1レギー材料ヘの応昂 相樂隆正教授 斐語・国際 実践科目 ・必修7単位 2年次までに4単位 以上依将 消水康博教授 相永博但數授 エネルギー変換場としての電極界面と分子組織の設計 慶山寛 研凱者実践科目 ・彪、修10単位 ・2年次まで{こ5単位 以上修響 機能性セラミックス材料の詮盲十・制御と応用 国際セミナー1 0単位全教員) 門惟尾謙准教授蒋電デバイス用高分子固体電解質の開発 教授 十ノ榔造制御による高機能磁性材料の開発 矢遷孝哲准教授高機能材料の加工・計測 高座プラズマ源の開発とそのプラズマ材料科学ヘの応用 高度 目 ,遭択、8単位以上 有川康弘准教授遜移金属錯体による小分子の活性化 国際セミナーⅡ 0単位.全轍勵 実践英鯖講座1 【1翠位、寿村隆夫・N削町加hkla'1 国際会脳 プレゼン講座1 n皐位、召厘正具"^南kl.圃 靭究者倫理 0単位,痢集匪田 篠原正典助教 歓理解析学特訟 環埴・エネjしギー特謎 1ネルキー警換特諦 プラズマ表面相互作用の原子レベルでの解明 総合演習1 12単位、全歌員 知尉戦略 12卑世、交痔孝哲徹2客 グリーンディシタノしパワ一零論 材料グJーンブロセス特論 先端固体力学特論 電気駆動システム特論 国際セミナーⅡ 1単世、全蛾員 実識英語請座1 1単位轟討旺夫・樹0弊KI.W脚 国際会儀 プレゼン誇座π 位談臭・朏^KU"ぎ灯1 恍端エネルギーデバイス特論 先端桜能材料特論 ナノテウノロジー特論 挫他の専政・砧究訓科目も 受飾可撲です 先蛸電子材料僻倫 高分子制料学馳倫 先端ブラズマプロセシング特論 超精密援械特訟 琵気エネJ、ギー特論 恍端デバイス組繍学特論 エネルキーシスナム特別湊習1 (蝉位 翁舎演習Ⅱ 稔単位全吐員 リサーチ プロポーザル 1単位有康弘 有機合成反応設創学 機能牲錯体イ^零論 物質創製特別演晋1 (2単位 1年次 学外研究 1車位、全敦異 研究者指 実践演晋 1単位全戟員 先端破壊解析学特論 電気躯動システム設計特詮 電気エネルギー撲器特論 熱流体エネルギー変換特論 2単位 2年次 長崎大学大学院工学研究科 、 先蛇プラズマ材料科学特論 先蛇機械設計特論 先進センシング科学特論 分子変換反応特論 高効率合成化学特論 小Jーン1T特論 蓄電デバイス材料特胎 先端デバイス物性学特論 エネルギーシステム特別演習Ⅱ 〒852・8521 長蛸市文教町1-14 TEL 095'819.2491・FAX 095.19-2488 長崎大学工学部・工学研究科ホームペーシ http://WWW.en宮.Π白8aSヨki・U.ヨ0.jD/ 3年次 ヴリーンマグネティクス特論 身子組織場設計特論 先鮒高分子材料学特論 物質創製特別演晋宜 {2単位 4年次 5年次 最 終 審 査 中 間 審 査 先 端 機 能 物 次 世 代 エ ネ ル ギ ー シ ス テ ム コ ー ス 創 製 コ ー ス ・ 1 纛 き 退 択 洗 端 科 学 科 目 ・ 書 1 〒 , 2 1 1 上 ・ 2 美 庄 で に 6 単 位 製 上 性 得

Related Documents