プロダクトオーナーシップ勉強会
#14
2015.08.27
@jitsuzon
前回のあらすじ
大きい会社で上手く立ち回るテクニック
大きい会社はリスク回避と人材の共有が前提
ワクワクする製品Appleに学ぶ
ハードウェア for ソフトウェア for UX for 感情の満足
特別仕様に要注意
顧客自身の無知と製品の汎用...
第33章∼第35章
古くて新しいもの
不安、金銭欲、そして精神的な欲望から人はモノを買う
エモーショナルアダプションカーブ
(購買層の感情に着目する)
第33章
古くて新しいもの
第33章 古くて新しいもの
可能なものは常に変わっていく
大きなことをやるためにはまったく新しい市場を作り出す必要?
「まったく新しいもの」というより「古いものの生まれ変わり」
ex) Google, iPod
今までに無い市場でなくすでに成熟...
【コラム】イノベーションは終わったか?
1. ユーザーを手こずらせている商品がある限り、
  他の誰かが改良するチャンスがある
2. 可能なことは常に変化している
3. 今日のアプリケーションは明日のインフラ
  その上にどんどんサービスが生ま...
第33章 古くて新しいもの
\ まとめ /
• まったく新しい市場を作る必要なし
• イノベーションは終わってない
第34章
不安、金銭欲、そして精神的な欲望から人はモノを買う
第34章 不安、金銭欲、そして精神的な欲望から人はモノを買う
製品における感情の役割
・人は感情的な理由で製品を買って、使う。
 →企業向けソフトウェアの主な感情は「不安」「金銭欲」
 →個人向けソフトウェアでは個人的な「精神的な欲望」
・ユー...
第34章 不安、金銭欲、そして精神的な欲望から人はモノを買う
\ まとめ /
ユーザーや顧客の感情を把握すること!
Why?の突き詰め
第35章
エモーショナルアダプションカーブ
(購買層の感情に注目する)
第35章 エモーショナルアダプションカーブ(購買層の感情に注目する)
テクノロジーのアダプションカーブ
「キャズム」における購買者の構成
・イノベーター(革新的なユーザー)
・アーリーアダプター(先駆的なユーザー)
・アーリーマジョリティ(現実...
第35章 エモーショナルアダプションカーブ(購買層の感情に注目する)
エモーショナルアダプションカーブ
ジェフ・ボンフォート氏へのインタビューより
テクノロジーのアダプションカーブに加えて感情ベースでも分析すべき
エモーショナルアダプションカー...
第35章 エモーショナルアダプションカーブ(購買層の感情に注目する)
注意すべき点と探すべき点
「合理性より感性タイプ」の力がすごい
「テクノロジー大好きタイプ」と「合理性より感性タイプ」は
同時に来ることもある。(従来のアダプションカーブと違...
第35章 エモーショナルアダプションカーブ
\ まとめ /
• 購買層の感情に注目すること
• オタクに振り回されない
• 基本的な欲求を満たせないか探す
of 15

POとPOじゃない人の勉強会 第14回

ペパボ POとPOじゃない人の勉強会 第14回 の発表資料です。Inspired日本語版を読んでいます。
Published on: Mar 4, 2016
Published in: Business      
Source: www.slideshare.net


Transcripts - POとPOじゃない人の勉強会 第14回

  • 1. プロダクトオーナーシップ勉強会 #14 2015.08.27 @jitsuzon
  • 2. 前回のあらすじ 大きい会社で上手く立ち回るテクニック 大きい会社はリスク回避と人材の共有が前提 ワクワクする製品Appleに学ぶ ハードウェア for ソフトウェア for UX for 感情の満足 特別仕様に要注意 顧客自身の無知と製品の汎用性の確保
  • 3. 第33章∼第35章 古くて新しいもの 不安、金銭欲、そして精神的な欲望から人はモノを買う エモーショナルアダプションカーブ (購買層の感情に着目する)
  • 4. 第33章 古くて新しいもの
  • 5. 第33章 古くて新しいもの 可能なものは常に変わっていく 大きなことをやるためにはまったく新しい市場を作り出す必要? 「まったく新しいもの」というより「古いものの生まれ変わり」 ex) Google, iPod 今までに無い市場でなくすでに成熟している市場で大ヒット 「優秀なプロダクトマネージャーとは、  みんなが望んでいることを、今まさに可能なことと組み合わせるのだ。」 競争優位を作り出す 参考)「競争優位の戦略論は、もう時代遅れである」/企業戦略の根底を支える新たな方法論とは?  (1/3):EnterpriseZine(エンタープライズジン) : http://enterprisezine.jp/bizgene/detail/5425
  • 6. 【コラム】イノベーションは終わったか? 1. ユーザーを手こずらせている商品がある限り、   他の誰かが改良するチャンスがある 2. 可能なことは常に変化している 3. 今日のアプリケーションは明日のインフラ   その上にどんどんサービスが生まれる 第33章 古くて新しいもの 可能なものは常に変わっていく
  • 7. 第33章 古くて新しいもの \ まとめ / • まったく新しい市場を作る必要なし • イノベーションは終わってない
  • 8. 第34章 不安、金銭欲、そして精神的な欲望から人はモノを買う
  • 9. 第34章 不安、金銭欲、そして精神的な欲望から人はモノを買う 製品における感情の役割 ・人は感情的な理由で製品を買って、使う。  →企業向けソフトウェアの主な感情は「不安」「金銭欲」  →個人向けソフトウェアでは個人的な「精神的な欲望」 ・ユーザーや顧客の感情という視点で考える  →同じサービスでもユーザーのタイプによって感情は変わる  ユーザーテストやインタビュー時に確認できる 「どんな感情があるか」「どれくらい満足しているか」  UXやユーザビリティテストの重要性 ・本当の競争相手はいわゆる「競合」というわけではない  →自分のサービスで満たせる感情が満たされる他のモノ
  • 10. 第34章 不安、金銭欲、そして精神的な欲望から人はモノを買う \ まとめ / ユーザーや顧客の感情を把握すること! Why?の突き詰め
  • 11. 第35章 エモーショナルアダプションカーブ (購買層の感情に注目する)
  • 12. 第35章 エモーショナルアダプションカーブ(購買層の感情に注目する) テクノロジーのアダプションカーブ 「キャズム」における購買者の構成 ・イノベーター(革新的なユーザー) ・アーリーアダプター(先駆的なユーザー) ・アーリーマジョリティ(現実的な購買者) ・レイトマジョリティ(慎重で懐疑的な購買者) ・ラガード(非常に保守的な人々) ほとんどの製品はアーリーアダプターより先に拡がっていかない →キャズム(深く大きな溝)問題
  • 13. 第35章 エモーショナルアダプションカーブ(購買層の感情に注目する) エモーショナルアダプションカーブ ジェフ・ボンフォート氏へのインタビューより テクノロジーのアダプションカーブに加えて感情ベースでも分析すべき エモーショナルアダプションカーブにおける構成 ・テクノロジー大好きタイプ(イノベーター)  →オタク、非常に危険な存在 ・合理性より感性タイプ(アーリーアダプター)  →否定的な感情が強く、満足させるために非合理的な行動もする ・効率追求タイプ(アーリーマジョリティ)  →費用対効果にもっとも敏感 ・何事もほどほどタイプ(レイトマジョリティ)  →感情は他と変わらないが控えめ。 ・現状適応タイプ(ラガード)  →超簡単で超便利までいかないと購買に動かない
  • 14. 第35章 エモーショナルアダプションカーブ(購買層の感情に注目する) 注意すべき点と探すべき点 「合理性より感性タイプ」の力がすごい 「テクノロジー大好きタイプ」と「合理性より感性タイプ」は 同時に来ることもある。(従来のアダプションカーブと違う点) →「テクノロジー大好きタイプ」は他と大きく感情が異なる  「合理性より感性タイプ」は感情は他の層にも通じる  →これを混同することでキャズムに陥る プロダクトマネージャーは何を探し求めるべきか? →怒り、憤慨、不満。これがイノベーションのチャンス。  ex) 電話会社、銀行、消費者金融、税務署、官僚….  Skypeとウェブカムビジネスの比較 基本的な欲求(マズローの欲求階層でいう下の方)が重要 フレッシュマンテスト(?)
  • 15. 第35章 エモーショナルアダプションカーブ \ まとめ / • 購買層の感情に注目すること • オタクに振り回されない • 基本的な欲求を満たせないか探す

Related Documents