~理科ねっとわーくの活用~独立行政法人 科学技術振興機構(JST) 理数学習支援センター 教員支援担当
JSTって・・・? 基礎研究に対する 理科教育支援 資金的な支援 産学連携 国際交流 研究情報の データベース化
科学技術人材育成のための理数教育強化施策 発達段階に応じ、切れ目なく 才能を伸ばすことができる 大 体系的な人材育成の推進 サイエンス...
小・中・高等学校の授業で 03年3月 80000 ...
デジタル教材の活用事例1.大地のつくりをコンピュータグラフィックで見てみよう2.宇宙と天文(小学生)3.音による不思議な現象4.宇宙と天文(中学生)5.身近な生活雑貨等を利用した実験6.生命の連続性7.ムラサキキャベツ8.月の満ち欠け
検索サイト理科 検索
一般公開版
トップ画面
臨時アカウントID:demo1139PW:narakyo11392012年9月10日まで利用可能
SNS 検索 サービス
*
ページ内検索 トップページに戻るに はこちらをクリックデジタル教材タイトル検索
素材検索
「ダウンロード」で、いつでも自分のPCで提示可能
* ①Ctrl+F ②F11キー ページ内検索 画面の拡大 ③PrtScキー 画面のコピー
(1)学校、教育委員会の教員(2)科学館、博物館の学芸員及びこれに準ず る者(3)NPO法人、ボランテイアとして非営利 の教育活動を行っている者(4)教員を目指している学生及び社会人(5)その他機構が認める者
登録利用者は、非営利かつ教育目的での利用に限り、以下の範囲においてデジタル教材を無償で利用することができる。(1)デジタル教材の閲覧、複製、印刷、翻案、加工を行うこと。(2)デジタル教材の複製、印刷、翻案、加工したものを授業で 上映・配布して利...
デジタル教材で授業が変わる(かもしれな い) <デジタル教材の活用場面>
① 実験観察の手順② 実験観察の結果③ 実験観察が困難④ 実験ツールとして⑤ 前時の確認・次回の予告⑥ 他の工夫⑦その他
①実験、観察の手順(大きく映して)②実験、観察の結果(考察、ふりかえり)
③実験、観察が困難④実験ツールとして活用
⑤前時の確認、次回予告を迅速、印象的に⑥独自の工夫で学習の定着を促進 ・素材を活用してワークシート、&MORE・・・
実習デジタル教具、デジタルコンテンツを利活用した授業方針を考えてみましょう! ・対象学年(クラス)、科目、単元 ・どの教具・コンテンツを利活用して ・どのような授業展開にするか13:00-14:10 授業方針づくり実習 ...
学習指導要領におけるICTに関する記述小学校学習指導要領解説 理科編 p84観察,実験などの指導に当たっては,直接体験が基本であるが,適宜コンピュータや視聴覚機器などを組み合わせ,活用することによって学習の一層の充実を図ることができる。コンピュ...
学習指導の準備と評価のための教員によるICT活用 (平成22年10月「教育の情報化に関する手引き」より)(1)教育効果を上げるためのICT活用の計画(2) 授業で使う教材や資料などを収集するため のICT活用(3) 授業に必要なプリントや...
Naramiru
Naramiru
Naramiru
of 28

Naramiru

Published on: Mar 3, 2016
Source: www.slideshare.net


Transcripts - Naramiru

  • 1. ~理科ねっとわーくの活用~独立行政法人 科学技術振興機構(JST) 理数学習支援センター 教員支援担当
  • 2. JSTって・・・? 基礎研究に対する 理科教育支援 資金的な支援 産学連携 国際交流 研究情報の データベース化
  • 3. 科学技術人材育成のための理数教育強化施策 発達段階に応じ、切れ目なく 才能を伸ばすことができる 大 体系的な人材育成の推進 サイエンス インカレ ※ 理数学生育成支援事業 ※ 将来をリードする 学 国際的な人材の育成 伸 び る次 手 子 スーパーサイエンス を 伸高 法世 ハイスクール(SSH) 課開代 題発 ば人 把の す 握た 観察・実験を活用した 校材 ・め サイエンス・パートナーシッ 体験型学習の強化育 改の 善実 プ・成 提践研 案事 プラットフォーム(新SP ◇国際科学オリンピック ◇科学の甲子園 興 味 中 ◇サイエンスキャンプ ◇女子中高生の理系進路選択究 等例 の 支援 P) 起関 心開 提 ◇SPP講座型 ◇次世代科学者育成プログラム ・ 学発 供 等 理数系教員支援プログラム 意 小 欲 ◇サイエンス・リーダーズ・キャンプ ◇理数系教員養成拠 の 点構築 ◇理科教材の開発・活用支援 ◇理科支援員配置 喚 学 ※文部科学省直轄事業
  • 4. 小・中・高等学校の授業で 03年3月 80000 233 03年4月 599 03年5月 1,086 登録者数の推移 03年8月 03年6月 03年7月 1,468 1,909 2,395 03年9月 2,754 03年10月 3,149 233 366 487 382 441 486 359 395 使える理科教育用デジタル 教材を開発し、インター 70000 ネットを通して全国の学校 60000 現場に提供。 非営利・教育目的という条 50000 件のもと、無料での利用が 40000 可能。(要登録) 登録者は約7万人。 30000 (平成24年6月末現在) 20000 131タイトルのデジタル 教材は自由に加工・改変が 中学 高校 教委 教職 10000小学校 合計 可能。 理科 ほか 学生 理科 0 03年11月 04年11月 07年11月 08年11月 09年11月 05年11月 06年11月 10年11月 11年11月 03年3月 03年7月 04年3月 04年7月 05年3月 05年7月 08年3月 08年7月 09年3月 09年7月 10年3月 06年3月 06年7月 07年3月 07年7月 10年7月 11年3月 11年7月 12年3月28,172 15,026 10,919 6,692 5,308 70,371 5 47 % ←登録者割合 4 % 7 %
  • 5. デジタル教材の活用事例1.大地のつくりをコンピュータグラフィックで見てみよう2.宇宙と天文(小学生)3.音による不思議な現象4.宇宙と天文(中学生)5.身近な生活雑貨等を利用した実験6.生命の連続性7.ムラサキキャベツ8.月の満ち欠け
  • 6. 検索サイト理科 検索
  • 7. 一般公開版
  • 8. トップ画面
  • 9. 臨時アカウントID:demo1139PW:narakyo11392012年9月10日まで利用可能
  • 10. SNS 検索 サービス
  • 11. *
  • 12. ページ内検索 トップページに戻るに はこちらをクリックデジタル教材タイトル検索
  • 13. 素材検索
  • 14. 「ダウンロード」で、いつでも自分のPCで提示可能
  • 15. * ①Ctrl+F ②F11キー ページ内検索 画面の拡大 ③PrtScキー 画面のコピー
  • 16. (1)学校、教育委員会の教員(2)科学館、博物館の学芸員及びこれに準ず る者(3)NPO法人、ボランテイアとして非営利 の教育活動を行っている者(4)教員を目指している学生及び社会人(5)その他機構が認める者
  • 17. 登録利用者は、非営利かつ教育目的での利用に限り、以下の範囲においてデジタル教材を無償で利用することができる。(1)デジタル教材の閲覧、複製、印刷、翻案、加工を行うこと。(2)デジタル教材の複製、印刷、翻案、加工したものを授業で 上映・配布して利用すること。(3)デジタル教材の複製、翻案、加工したものを教員研修で発 表すること。(4)デジタル教材を著作権法第32条第1項の引用の範囲内で 研究報告書等に掲載し、発表すること。※論文等で発表の場合は、引用として出典を明記してください 出典:JST 理科ねっとわーく※営利使用、例えば塾での使用はできません 詳しくはトップ画面から利用規約をご覧ください
  • 18. デジタル教材で授業が変わる(かもしれな い) <デジタル教材の活用場面>
  • 19. ① 実験観察の手順② 実験観察の結果③ 実験観察が困難④ 実験ツールとして⑤ 前時の確認・次回の予告⑥ 他の工夫⑦その他
  • 20. ①実験、観察の手順(大きく映して)②実験、観察の結果(考察、ふりかえり)
  • 21. ③実験、観察が困難④実験ツールとして活用
  • 22. ⑤前時の確認、次回予告を迅速、印象的に⑥独自の工夫で学習の定着を促進 ・素材を活用してワークシート、&MORE・・・
  • 23. 実習デジタル教具、デジタルコンテンツを利活用した授業方針を考えてみましょう! ・対象学年(クラス)、科目、単元 ・どの教具・コンテンツを利活用して ・どのような授業展開にするか13:00-14:10 授業方針づくり実習 校種、教科で4人程度のグループ編成 リーダー、記録者、報告者の選出 対象クラス、単元の設定 iPadは2人あたり1枚(交代使用)14:20-14:50 グループ協議14:50-15:20 各グループより報告・全体協議 10グループ×3分15:30-15:50 質疑応答、アンケート記入
  • 24. 学習指導要領におけるICTに関する記述小学校学習指導要領解説 理科編 p84観察,実験などの指導に当たっては,直接体験が基本であるが,適宜コンピュータや視聴覚機器などを組み合わせ,活用することによって学習の一層の充実を図ることができる。コンピュータや視聴覚機器などで扱われる映像情報については,それぞれの特性をよく理解し,活用することが大切である。中学校学習指導要領解説 理科編 p132理科の学習においては,自然の事物・現象に直接触れ,観察,実験を行い,問題の把握,情報の収集,処理,一般化などを通して科学的に探究する能力や態度を育て,科学的な見方や考え方を養うことが大切である。これらの活動を展開する中で,コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を活用することは,生徒の学習の場を広げたり学習の質を高めたりするための有効な方法である。 27
  • 25. 学習指導の準備と評価のための教員によるICT活用 (平成22年10月「教育の情報化に関する手引き」より)(1)教育効果を上げるためのICT活用の計画(2) 授業で使う教材や資料などを収集するため のICT活用(3) 授業に必要なプリントや提示資料を作成す るためのICT活用(4) 評価を充実させるためのICT活用 28

Related Documents