夏目漱石と三四郎
2013年10月24日
1
夏目漱石(1867年~1916年)
1867年東京で生まれた
明治時代の作家だ
反自然主義を代表する
和英文学の学者だ
小説、短編、歌を書いた
2
漱石の作品の特徴
初めての小説はわがはいはねこである
人間の経済的な苦しみ、義務と願望の関係
について書いた
西洋化と近代化を批判した
実体験を通して書かれた作品
ないものをあるものとして書いた
3
夏目漱石と反自然主義
作品のキャラクター
個性の大切さ
目的
4
三四郎
1908年に書かれた
村から町に来た大学生が中心の話
明治時代の影響がある
西洋の影響もある
5
小説の中の色の使い方
赤色
危ない世界
緑色
安全な所
白い
強調するために
6
社会の変化といつしょに
三四郎の生活も変わるか?
7
まとめ
漱石は反自然主義を代表するすばらしい作家だ
個性の大切さを強調した
三四郎で明治批判の後社会の変化や日本社会に
西洋の影響などについて表現している
小説のテクニツク
色
キャラクター
8
of 8

Natsume Soseki and Sanshiro

These slides contain information about Natsume Soseki, special features of his novels and techniques of his novel SANSHIRO
Published on: Mar 3, 2016
Source: www.slideshare.net


Transcripts - Natsume Soseki and Sanshiro

  • 1. 夏目漱石と三四郎 2013年10月24日 1
  • 2. 夏目漱石(1867年~1916年) 1867年東京で生まれた 明治時代の作家だ 反自然主義を代表する 和英文学の学者だ 小説、短編、歌を書いた 2
  • 3. 漱石の作品の特徴 初めての小説はわがはいはねこである 人間の経済的な苦しみ、義務と願望の関係 について書いた 西洋化と近代化を批判した 実体験を通して書かれた作品 ないものをあるものとして書いた 3
  • 4. 夏目漱石と反自然主義 作品のキャラクター 個性の大切さ 目的 4
  • 5. 三四郎 1908年に書かれた 村から町に来た大学生が中心の話 明治時代の影響がある 西洋の影響もある 5
  • 6. 小説の中の色の使い方 赤色 危ない世界 緑色 安全な所 白い 強調するために 6
  • 7. 社会の変化といつしょに 三四郎の生活も変わるか? 7
  • 8. まとめ 漱石は反自然主義を代表するすばらしい作家だ 個性の大切さを強調した 三四郎で明治批判の後社会の変化や日本社会に 西洋の影響などについて表現している 小説のテクニツク 色 キャラクター 8

Related Documents