耽美派たんびは aestheticismの文学と永井荷風ながいかふう 2012年10月15日
写実主義
写実主義人間の内面の感情を そのまま書く
写実主義 人間の内面の感情を そのまま書く 個人の解放かいほう 発展ロマン主義内面を自由に表現ルール・道徳どうとく を無視むし
写実主義 人間の内面の感情を そのまま書く 個人の解放かいほう 発展ロマン主義 擬古典主義内面を自由に表現 井原西鶴の写実ルール・道徳どうとく 雅俗折衷体 を無視むし ...
写実主義 個人の解放かいほう 発展ロマン主義 擬古典主義 発展自然主義
写実主義 個人の解放かいほう 発展ロマン主義 擬古典主義 発展 自然主義 私小説ししょうせつ悪い部分も入れて現実をそのまま書く小説家個人の経験をそのまま書く
自然主義人間の悪い面を積極的せっきょくてきに書く。
自然主義人間の悪い面を積極的せっきょくてきに書く。 非 ひ 人間的
人間らしくもっと
もっと 人間らしく美 び に注目ちゅうもく
もっと 人間らしく美 び に注目ちゅうもく 耽美派 たんびは aestheticism
耽美派たんびはの作家
耽美派たんびはの作家永井荷風 ながい かふう
耽美派たんびはの作家永井荷風 谷崎潤一郎 ながい かふう たにざき じゅんいちろう
永井荷風ながい かふう明治めいじ文明ぶんめいへの批判 ひはん criticize
永井荷風ながい かふう非ひ人間的な自然主義からの脱出 だっしゅつ escape
永井荷風ながい かふう社会の良識りょうしき good senseに反抗 はんこう protest
耽美派たんびは aestheticism
永井荷風ながい かふう(1879-1959)
永井荷風ながい かふう(1879-1959)東京生まれ
永井荷風ながい かふう(1879-1959) 東京生まれ1898年 広津流浪ひろつ りゅうろう(明治31年) の弟子でしになる
永井荷風ながい かふう(1879-1959) 東京生まれ1898年 広津流浪ひろつ りゅうろう(明治31年) の弟子でしになる1902年 『地獄じごくの花』(明治35年) 森鷗外が絶賛ぜっさん rave
1903年 アメリカへ(明治36年) ビジネスを勉強~1907年(明治40年)
1903年 アメリカへ(明治36年) ビジネスを勉強~1907年(明治40年)1907年 フランスへ(明治40年) 正金しょうきん銀行~1908年 リヨンLyon支店してん(明治41年) branch
1908年 帰国(明治41年) 『あめりか物語』
1908年 帰国(明治41年) 『あめりか物語』1909年 『ふらんす物語』(明治42年)
1908年 帰国(明治41年) 『あめりか物語』1909年 『ふらんす物語』(明治42年) 明治めいじ文明ぶんめいを 批判 ひはん criticize
日本の近代化 外発的 がいはつてき extrinsic
西洋化による表面的な成功
西洋化による 表面的な成功内面とのアンバランス imbalance
ヨーロッパ伝統が文明を支 ささ えている
ヨーロッパ伝統が文明を支 ささ えている 日本でも伝統を 重視するべき!
花柳 かりゅう 界
花柳 かりゅう 界古い風習ふうしゅうが残っている
花柳 かりゅう 界古い風習ふうしゅうが残っている すばらしい!!
1910年 慶應義塾けいおうぎじゅく(明治43年) 大学文学科教授きょう じゅ 雑誌『三田みた文学』 創刊そうかん
花街 で遊ぶ はなまち芸者 と交際 げいしゃ こうさい
花柳界 を舞台ぶたい かりゅうかいにした小説を書く
花柳界 を舞台ぶたい かりゅうかいにした小説を書く1916年 『腕うでくらべ』(大正5年)
女性の体の美を讃美さんび exalt
女性の体の美を讃美さんび exalt恋愛 ,官能かんのう sensuality れんあいの喜びや楽しみを生きる目的とする
耽美派たんびは aestheticism
写実主義ロマン主義自然主義 耽美派
写実主義 ロマン主義 自然主義 耽美派自我じがegoの解放かいほう
自我 の解放かいほう じがego
自我 じがego の解放かいほう自由 じゆう が広ひろがる
自我 の解放かいほう じがego 自由 じゆう が広ひろがる女性を崇 める あが adore 自由
女性
女性=美 び と悪あくの体現者たいげんしゃembodiment
女性=美 び と悪あくの体現者たいげんしゃembodiment 新しい女性像を作る
酒さけ と女 遊びの世界 おんな
酒さけ と 女 おんな遊びの世界 道徳どうとくmoral 良識りょうしきgood sense
花柳界かりゅうかいの伝統でんとうがなくなる
花柳界かりゅうかいの伝統でんとうがなくなる 題材だいざいsubjectの変化
カフェの女給じょきゅうwaitress私娼ししょうprostitutes踊おどり子dancer
カフェの女給じょきゅうwaitress私娼ししょうprostitutes踊おどり子dancer 都会の 風俗ふうぞく
1931年 『つゆのあとさき』(昭和6年) カフェの女給
1931年 『つゆのあとさき』(昭和6年) カフェの女給1934年 『ひかげの花』(昭和9年) 私娼ししょう
1931年 『つゆのあとさき』(昭和6年) カフェの女給1934年 『ひかげの花』(昭和9年) 私娼ししょう1937年 『墨東綺譚ぼくとうきたん』(昭和12年) 私娼ししょう
主人公しゅじんこう 外見: 新しい 内面: 古風こふう 善良ぜんりょう
1959年 死去しきょ(昭和34年)
まとめ 耽美派 たんびは aestheticism 永井荷風 ながい かふう
自然主義人の 醜 みにく いugly面を書く
反自然主義耽美派 たんびはaestheticism女性の美と官能 かんのう
耽美派たんびはの作家永井荷風 谷崎潤一郎 ながい かふう たにざき じゅんいちろう
永井荷風ながいかふう明治めいじ文明ぶんめいへの批判ひはん criticize
永井荷風ながいかふう明治めいじ文明ぶんめいへの批判ひはん criticize非ひ人間的な自然主義からの脱出だっしゅつ escape
永井荷風ながいかふう明治めいじ文明ぶんめいへの批判ひはん criticize非ひ人間的な自然主義からの脱出だっしゅつ escape社会の良識りょうしき good senseに反抗はんこう protest
明治めいじ文明ぶんめいへの批判ひはん criticize『あめりか物語』『ふらんす物語』
古い時代の伝統を重視 花柳界 かりゅうかい 『腕うでくらべ』
自我じがegoの解放かいほう女性を美と悪の体現者たいげんしゃとして書く 新しい女性像ぞう
花柳界から都会の風俗ふうぞくへカフェの女給じょきゅう私娼ししょう踊おどり子 『つゆのあとさき』 『ひかげの花』 『墨東綺譚ぼくとうきたん』
女性の美しさ恋愛れんあい,官能かんのう sensuality 耽美派 たんびは aestheticism
お疲れ様でした。
Nagai_Kafu_aestheticism
of 76

Nagai_Kafu_aestheticism

Published on: Mar 3, 2016
Published in: Education      
Source: www.slideshare.net


Transcripts - Nagai_Kafu_aestheticism

  • 1. 耽美派たんびは aestheticismの文学と永井荷風ながいかふう 2012年10月15日
  • 2. 写実主義
  • 3. 写実主義人間の内面の感情を そのまま書く
  • 4. 写実主義 人間の内面の感情を そのまま書く 個人の解放かいほう 発展ロマン主義内面を自由に表現ルール・道徳どうとく を無視むし
  • 5. 写実主義 人間の内面の感情を そのまま書く 個人の解放かいほう 発展ロマン主義 擬古典主義内面を自由に表現 井原西鶴の写実ルール・道徳どうとく 雅俗折衷体 を無視むし がぞくせっちゅうたい
  • 6. 写実主義 個人の解放かいほう 発展ロマン主義 擬古典主義 発展自然主義
  • 7. 写実主義 個人の解放かいほう 発展ロマン主義 擬古典主義 発展 自然主義 私小説ししょうせつ悪い部分も入れて現実をそのまま書く小説家個人の経験をそのまま書く
  • 8. 自然主義人間の悪い面を積極的せっきょくてきに書く。
  • 9. 自然主義人間の悪い面を積極的せっきょくてきに書く。 非 ひ 人間的
  • 10. 人間らしくもっと
  • 11. もっと 人間らしく美 び に注目ちゅうもく
  • 12. もっと 人間らしく美 び に注目ちゅうもく 耽美派 たんびは aestheticism
  • 13. 耽美派たんびはの作家
  • 14. 耽美派たんびはの作家永井荷風 ながい かふう
  • 15. 耽美派たんびはの作家永井荷風 谷崎潤一郎 ながい かふう たにざき じゅんいちろう
  • 16. 永井荷風ながい かふう明治めいじ文明ぶんめいへの批判 ひはん criticize
  • 17. 永井荷風ながい かふう非ひ人間的な自然主義からの脱出 だっしゅつ escape
  • 18. 永井荷風ながい かふう社会の良識りょうしき good senseに反抗 はんこう protest
  • 19. 耽美派たんびは aestheticism
  • 20. 永井荷風ながい かふう(1879-1959)
  • 21. 永井荷風ながい かふう(1879-1959)東京生まれ
  • 22. 永井荷風ながい かふう(1879-1959) 東京生まれ1898年 広津流浪ひろつ りゅうろう(明治31年) の弟子でしになる
  • 23. 永井荷風ながい かふう(1879-1959) 東京生まれ1898年 広津流浪ひろつ りゅうろう(明治31年) の弟子でしになる1902年 『地獄じごくの花』(明治35年) 森鷗外が絶賛ぜっさん rave
  • 24. 1903年 アメリカへ(明治36年) ビジネスを勉強~1907年(明治40年)
  • 25. 1903年 アメリカへ(明治36年) ビジネスを勉強~1907年(明治40年)1907年 フランスへ(明治40年) 正金しょうきん銀行~1908年 リヨンLyon支店してん(明治41年) branch
  • 26. 1908年 帰国(明治41年) 『あめりか物語』
  • 27. 1908年 帰国(明治41年) 『あめりか物語』1909年 『ふらんす物語』(明治42年)
  • 28. 1908年 帰国(明治41年) 『あめりか物語』1909年 『ふらんす物語』(明治42年) 明治めいじ文明ぶんめいを 批判 ひはん criticize
  • 29. 日本の近代化 外発的 がいはつてき extrinsic
  • 30. 西洋化による表面的な成功
  • 31. 西洋化による 表面的な成功内面とのアンバランス imbalance
  • 32. ヨーロッパ伝統が文明を支 ささ えている
  • 33. ヨーロッパ伝統が文明を支 ささ えている 日本でも伝統を 重視するべき!
  • 34. 花柳 かりゅう 界
  • 35. 花柳 かりゅう 界古い風習ふうしゅうが残っている
  • 36. 花柳 かりゅう 界古い風習ふうしゅうが残っている すばらしい!!
  • 37. 1910年 慶應義塾けいおうぎじゅく(明治43年) 大学文学科教授きょう じゅ 雑誌『三田みた文学』 創刊そうかん
  • 38. 花街 で遊ぶ はなまち芸者 と交際 げいしゃ こうさい
  • 39. 花柳界 を舞台ぶたい かりゅうかいにした小説を書く
  • 40. 花柳界 を舞台ぶたい かりゅうかいにした小説を書く1916年 『腕うでくらべ』(大正5年)
  • 41. 女性の体の美を讃美さんび exalt
  • 42. 女性の体の美を讃美さんび exalt恋愛 ,官能かんのう sensuality れんあいの喜びや楽しみを生きる目的とする
  • 43. 耽美派たんびは aestheticism
  • 44. 写実主義ロマン主義自然主義 耽美派
  • 45. 写実主義 ロマン主義 自然主義 耽美派自我じがegoの解放かいほう
  • 46. 自我 の解放かいほう じがego
  • 47. 自我 じがego の解放かいほう自由 じゆう が広ひろがる
  • 48. 自我 の解放かいほう じがego 自由 じゆう が広ひろがる女性を崇 める あが adore 自由
  • 49. 女性
  • 50. 女性=美 び と悪あくの体現者たいげんしゃembodiment
  • 51. 女性=美 び と悪あくの体現者たいげんしゃembodiment 新しい女性像を作る
  • 52. 酒さけ と女 遊びの世界 おんな
  • 53. 酒さけ と 女 おんな遊びの世界 道徳どうとくmoral 良識りょうしきgood sense
  • 54. 花柳界かりゅうかいの伝統でんとうがなくなる
  • 55. 花柳界かりゅうかいの伝統でんとうがなくなる 題材だいざいsubjectの変化
  • 56. カフェの女給じょきゅうwaitress私娼ししょうprostitutes踊おどり子dancer
  • 57. カフェの女給じょきゅうwaitress私娼ししょうprostitutes踊おどり子dancer 都会の 風俗ふうぞく
  • 58. 1931年 『つゆのあとさき』(昭和6年) カフェの女給
  • 59. 1931年 『つゆのあとさき』(昭和6年) カフェの女給1934年 『ひかげの花』(昭和9年) 私娼ししょう
  • 60. 1931年 『つゆのあとさき』(昭和6年) カフェの女給1934年 『ひかげの花』(昭和9年) 私娼ししょう1937年 『墨東綺譚ぼくとうきたん』(昭和12年) 私娼ししょう
  • 61. 主人公しゅじんこう 外見: 新しい 内面: 古風こふう 善良ぜんりょう
  • 62. 1959年 死去しきょ(昭和34年)
  • 63. まとめ 耽美派 たんびは aestheticism 永井荷風 ながい かふう
  • 64. 自然主義人の 醜 みにく いugly面を書く
  • 65. 反自然主義耽美派 たんびはaestheticism女性の美と官能 かんのう
  • 66. 耽美派たんびはの作家永井荷風 谷崎潤一郎 ながい かふう たにざき じゅんいちろう
  • 67. 永井荷風ながいかふう明治めいじ文明ぶんめいへの批判ひはん criticize
  • 68. 永井荷風ながいかふう明治めいじ文明ぶんめいへの批判ひはん criticize非ひ人間的な自然主義からの脱出だっしゅつ escape
  • 69. 永井荷風ながいかふう明治めいじ文明ぶんめいへの批判ひはん criticize非ひ人間的な自然主義からの脱出だっしゅつ escape社会の良識りょうしき good senseに反抗はんこう protest
  • 70. 明治めいじ文明ぶんめいへの批判ひはん criticize『あめりか物語』『ふらんす物語』
  • 71. 古い時代の伝統を重視 花柳界 かりゅうかい 『腕うでくらべ』
  • 72. 自我じがegoの解放かいほう女性を美と悪の体現者たいげんしゃとして書く 新しい女性像ぞう
  • 73. 花柳界から都会の風俗ふうぞくへカフェの女給じょきゅう私娼ししょう踊おどり子 『つゆのあとさき』 『ひかげの花』 『墨東綺譚ぼくとうきたん』
  • 74. 女性の美しさ恋愛れんあい,官能かんのう sensuality 耽美派 たんびは aestheticism
  • 75. お疲れ様でした。